GUIDE

【FF14】暗黒騎士Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は暗黒騎士Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

暗黒騎士のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】暗黒騎士Lv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

暗黒騎士の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

グリットスタンスで盾として敵視を集めてコンボ系をこなしていきます。

その合間にバフ系やデバフ系を織り交ぜ、敵が少なくなってきたら暗黒に切り替えて火力アップを図ります。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

ブラッドデリリアムクワイタスブラッドスピラーブラックブラッドを貯める必要がある為、状況に合わせて使用する形となります。

ダークアーツは使用頻度が高いので、どのスキルをどの用途で使用するのか覚えておく必要がありますね。

ちなみに暗黒騎士には2種のスタイルがあります。

一つ目のスタイルは暗黒効果中、二つ目のスタイルはグリット効果中であることです。

暗黒効果中はダークアーツと合わせて火力を上げていくスタイルです。後述しますが、威力の上がるスキルが多数あります

。ブラックブラッドを貯めて、ガンガン攻めていく形です。

MPの自然回復をしなくなるのがこのスタイルの難点ですね。

ブラッドウェポンもありますが、基本MPが乏しくなるスタイルです。

二つ目のグリットスタンス効果中は、自身の与ダメージを減少させますから、盾としてタンクとしてPTメンバーを守っていくスタイルです。

HP回復やMP回復の追加効果のスキルもありますから、守り優先の時に使用するスタイルですね。

暗黒騎士はMPが枯渇するまでは暗黒MP回復の為にグリットスタンス

このスタイルをループさせていくことでスキルを繋げていく流れになると思います。

ややこしいので、しばらくは木人様を相手に練習する必要があるかもしれませんね。

【FF14】暗黒騎士Lv70のスキルをざっくり解説~コンボ系~

コンボ系スキル一覧
  • ハードスラッシュ
  • スピンスラッシュ
  • パワースラッシュ
  • サイフォンストライク
  • ソウルイーター

暗黒騎士のコンボは2通りあります。

コンボ【1】

  1. ハードスラッシュ
  2. スピンスラッシュ
  3. パワースラッシュ

コンボ【2】

  1. サイフォンストライク
  2. ソウルイーター

 

【1】は敵視上昇効果が得られます。

【2】は自身のMP回復とブラックブラッドの上昇、さらにグリットスタンス中は与ダメージの一部をHPとして吸収する効果が得られます。

【FF14】暗黒騎士Lv70のスキルをざっくり解説物理攻撃系~

物理攻撃系スキル一覧
  • カーヴ・アンド・スピット
  • クワイタス
  • ブラッドスピラー

カーヴ・アンド・スピット or クワイタス or ブラッドスピラー

カーヴ・アンド・スピットやクワイタス、ブラッドスピラーはダークアーツ時非ダークアーツ時で効果が変わります。

なお、3種のスキル共に、実行時にダークアーツの効果は切れてしまいますのでご注意ください。

ではまず、ダークアーツ時の威力を見比べてみましょう。

  • カーヴ・アンド・スピット→450
  • クワイタス→210
  • ブラッドスピラー→540

威力にけっこうバラつきがありますね。

各スキルの違いとしてまず、カーヴ・アンド・スピットとクワイタスにはMP回復の効果があります。

また、クワイタスとブラッドスピラーにはブラックブラッド50が発動条件として用意されています。

ブラッドスピラーにはさらにグリットスタンス時の威力にも違いがあります。

グリットスタンンス時かつダークアーツ時の威力は650です。

付与されるステータスが複数ありましたので、整理してみましょう。

まず、暗黒騎士には暗黒という永続系のバフスキルがあります。

この暗黒を発動条件に、ダークアーツというスキルが使用可能になります。

上記で紹介した3種のスキルは、このダークアーツが付与された状態の場合、威力上昇またはMP回復などが追加効果として発動するわけです。

それともう一つ、ブラックブラッドというステータスがありましたね。

これは、一部のスキルを使用すると付与されます。そのスキルが下記になります。

これらのスキルにより、ブラックブラッドというステータスの値を上昇させて発動条件を満たせば、クワイタスやブラッドスピラーを使用できるようになるということです。

火力に影響するスキルですから、ドンドン貯めて使っていきたいですね。

スポンサーリンク




【FF14】暗黒騎士Lv70のスキルをざっくり解説敵視アップ系~

敵視アップ系スキル一覧
  • アンリーシュ
  • アンメンド
  • ダークパッセンジャー
  • プランジカット
  • アビサルドレイン

アンリーシュ

アンリーシュは範囲魔法攻撃です。

敵視アップ効果があるので、タゲを取る際使用するスキルですね。

アンメンド

アンメンドには30%の確率でアンリーシュの消費MPを0にする効果があります。

どちらも消費MPが高いので、この効果はありがたいですね。

ダークパッセンジャー or ブランジカット or アビサルドレイン

以下スキルはダークアーツの有無で威力や追加効果が発生します。

ダークアーツの有無が影響するスキル一覧
  • ダークパッセンジャー
  • ブランジカット
  • アビサルドレイン

ダークアーツに関係するスキルはけっこう多いので、状況を見て使用していきたいですね。

【FF14】暗黒騎士Lv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • グリットスタンス
  • ブラッドウェポン
  • 暗黒
  • ブラッドプライス
  • ダークマインド
  • ダークアーツ
  • シャドウウォール
  • リビングデッド
  • ソウルサバイバー
  • ブラッドデリリアム
  • ブラックナイト

グリッドスタンス

グリットスタンスは暗黒と同じ永続タイプのスキルです。

被ダメ20%減少や敵視上昇など、タンクとしての役割を果たしてくれるスキルと言えるでしょう。

ブラッドウェポン

ブラッドウェポンは自身の物理攻撃によりMP回復を施してくれるスキルです。

MP回復は重要なポイントではありますが、グリットスタンス非効果中が条件ですので、暗黒効果中に使用していくスキルですね。

暗黒

暗黒は使用中MPが自然回復しなくなるので、暗黒とグリットスタンスの2パターンをループしていく形になると思います。

複雑化しないよう、各ステータス中に使用可能なスキルをまとめてみました。

注意事項として、ダークアーツ付与状態で暗黒を解除した場合、ダークアーツも解除されますのでご注意ください。

ブラッドプライス

自身が攻撃を受けた場合、自身のMPを回復させます。同時にブラックブラッドを1上昇させます。

戦闘中は継続的にブラックブラッドを4上昇します。

ダークマインド

ダークマインドは自身の魔法ダメージを30%軽減させます。暗黒効果中であることが発動条件です。

ダークアーツ

ダークアーツの有無が影響するスキルをまとめてみましょう。

けっこう多いですね。米印はダークアーツが有る場合の追加効果です。

アサルトドレイン以外はどのスキルも威力が上がります。

上記スキルを使用した場合、ダークアーツは即切れてしまいます。

なので、基本的には上記スキル発動前にダークアーツを使用することになります。

シャドウウォール

シャドウウォールは、一定時間自身の被ダメージを30%軽減させます。

リビングデッド

リビングデッドは暗黒騎士の要です。なんとか生き残りましょう。

ソウルサバイバー

ソウルサバイバーは時間差でHPやMPが回復しますので、余裕を持って使用してください。

ブラッドデリリアム

ブラッドでリリアムは、自身のMPを回復させます。

ブラックブラッド50を発動条件に、自身に付与されているブラッドウェポンの効果を8秒ブラッドプライスの効果を16秒延長させる追加効果があります。

ブラックナイト

ブラックナイトの効果はバリアとブラックブラッド50上昇です。ドンドン使っていきましょう(`・ω・´)

スポンサーリンク




【FF14】暗黒騎士Lv70のスキルをざっくり解説etc系~

etc系スキル一覧
  • ソルトアース

ソルトアース

ソルトアースはダメージエリアの生成ですね。

ブラックブラッドも上昇しますから、使える時に使っちゃいましょう。

【FF14】暗黒騎士Lv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • ランパート
  • ロウブロウ
  • 挑発
  • リプライザル
  • アルティメイタム

おすすめのロールアクションはは上記5種となります。

ランパートは被ダメ20%減少、コンパレセンスは自身が受ける回復魔法効果を20%上昇してくれます。

この2種はピンチの時に使用すると良いでしょう。

挑発やアルティメイタムはタゲ取りですね。

ロウブロウはスタンなので、状況に合わせて使用していく形になると思います。

スポンサーリンク




【FF14】暗黒騎士の始め方をざっくり解説

暗黒騎士のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

暗黒騎士ジョブ開始クエスト

受注場所はイシュガルド:上層(X:13.2 Y:8.8)、依頼人NPCは皇都の市民です。

受注条件はファイター or ソーサラーLv50以上です。

速攻でクリアして暗黒騎士になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】暗黒騎士Lv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ハードスラッシュ
  • スピンスラッシュ
  • アンリーシュ
  • サイフォンストライク
  • アンメンド
  • ブラッドウェポン
  • パワースラッシュ
  • グリットスタンス
  • 暗黒

続いてはLv30暗黒騎士についてスキル回しについての解説です。

複数体の敵に囲まれた場合、アンメンドアンリーシュの順でスキルを使用するのも有りです。

これは、アンメンドの追加効果(発動率30%)によりアンリーシュの消費MPが0になるからですね。

ちなみに、ブラッドウェポンはグリットスタンス中は使用できません。

暗黒時はMPの自然回復が無くなります。

つまり、グリットスタンスでタゲ取りを完了後HPに余裕がある場合は暗黒に切り替える形となります。

イメージとしてはグリットスタンスがディフェンス型、火力型が暗黒になります。

グリットスタンスと暗黒の切り替えを常時行うのが暗黒騎士のスタンスです。

【FF14】暗黒騎士Lv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ブラッドプライス
  • ソウルイーター
  • ダークパッセンジャー

Lv40暗黒騎士の場合、グリットスタンスの補助的役割を持つブラッドプライスやソウルイーターを覚えます。

ダークパッセンジャーは暗黒時の専用スキルです。MPをかなり消費しますので、暗黒一回につき一回使用するイメージですね。

スキル回し自体にそこまで変化はありません。引き続き暗黒とグリットスタンスの切り替えに慣れていきましょう。

スポンサーリンク




【FF14】暗黒騎士Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ダークマインド
  • ダークアーツ
  • シャドウウォール
  • リビングデッド

Lv50の暗黒騎士になると、リビングデッドという素敵スキルを覚えます。

ヒーラー便りのスキルになってしまいますが、ピンチの時このスキルは必ず使うことになるでしょう。

Lv50の暗黒騎士の特徴は、暗黒を使う頻度が上がることにあります。

ダークアーツというスキルを発動することで、次に実行する一部アクションの効果を強化させて実行できるようになります。

ダークアーツはソウルイーターの前か、ダークパッセンジャーの前に使用することをおすすめします。

【FF14】暗黒騎士Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ソルトアース
  • プランジカット
  • アビサルドレイン
  • ソウルサバイバー
  • カーヴ・アンド・スピット

Lv60の暗黒騎士になると、戦闘初手のスキルが変わります。

ブランジカットによる先制攻撃、ダメージエリアを地面に設置するソルトアース、そして複数体の敵の敵視を得るアビサルドレインの3種のスキルはグリットスタンスでも利用するスキルです。

盾役としてどの程度余裕があるか理解できているならば、グリットスタンスより暗黒率を多めにしてダークアーツを連発させるのも良いでしょう。

Lv62以降はブラックブラッド50を発動条件としたスキルも使用できるようになります。

ブラックブラッドを貯めるスキルが何かを前もって予習しておくとLvアップした時の戦闘が幾分か楽になると思います。

【FF14】暗黒騎士Lv70のスキル回しをざっくり解説余談~

さて、暗黒騎士編いかがだったでしょうか。

勉強の為に全ジョブの解説を記載してみましたが、いざ見直してみると分かりずらい部分も多々あったので、これから過去記事を少しずつ修正していきたいと思っております。暖かく見守っていただけると嬉しいです。

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。