GUIDE

【FF14】戦士Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は戦士Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

戦士のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】戦士Lv70のスキル回しをざっくり解説全体の流れ~

戦士の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

基本はヘイト(敵視)を稼ぐことがメインです。

デバフやバフ系はその合間に行っていきます。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

上記が戦士の基本的なスキルの流れとなります。

ここまでの流れはLv60の戦士とほぼ変わりません。

しいて言うならLv70の戦士の場合、アップヒーバルオンスロートいうスキルをコンボの合間に挟みます。

イメージとしては、ディフェンダーをセット、コンボを駆使しながらインナービーストを貯めて、インナービーストを消費するスキル(スチールサイクロンや原初の魂、オンスロート、アップヒーバル)を発動していく形です。

タゲが外れないよう敵視アップ系をメインに他のカテゴリのスキルを織り交ぜていきます。

バフ系はピンチの時本当に重宝しますので、タイミングを見て使用してくださいね。

ピンチの時用スキルは下記をご覧ください。

原初の開放はインナービーストを消費することなくアクションを利用できるようになりますので、アンチェインドと合わせて使用しないように注意しましょう。

原初の開放を使用する際の目安は、デバフと敵視を撒いた直後となります。

かなり火力に影響ありますので、バンバン使っていってくださいね。

【FF14】戦士Lv70のスキルをざっくり解説コンボ系~

コンボ系スキル一覧
  • ヘヴィスウィング
  • スカルサンダー
  • ボーラアクス
  • メイム
  • シュトルムヴィント
  • シュトルムブレハ

戦士のコンボは3パターンあります。

コンボ【1】

  1. ヘヴィスウィング
  2. スカルサンダー
  3. ボーラアクス

コンボ【2】

  1. ヘヴィスウィング
  2. メイム
  3. シュトルムヴィント

コンボ【3】

  1. ヘヴィスウィング
  2. メイム
  3. シュトルムブレハ

使い方としては、敵視アップなら【1】、HP回復なら【2】、攻撃力アップなら【3】になります。

【2】と【3】には対象の斬耐性減少10%も付いています。

【FF14】戦士Lv70のスキルをざっくり解説物理攻撃系~

物理攻撃系スキル一覧
  • 原初の魂
  • フェルクリーヴ
  • デシメート
  • アップヒーバル

原初の魂

原初の魂はディフェンダーの与ダメージ減少ペナルティを無視してダメージを与えます。

さらに与えたダメージの一部HPを吸収自身の被ダメージも20%軽減してくれるので重要なスキルですね。

発動条件はインナービースト50かつディフェンダー効果中となっています。

さらにデストロイヤー効果中はフェルクリーヴというスキルに変化します。

原初の魂自体の威力は350、フェルクリーヴは520ですから、状況に応じて盾としての役割を重視するのか火力としての役割を重視するのか選択していく必要があります。

フェルクリーヴ

フェルクリーヴはインナービースト50を発動条件とした物理攻撃スキルです。

デストロイヤー効果中である必要があり、デストロイヤー効果中は原初の魂がフェルクリーヴに変化します。

デシメート

デシメートは、後述するスチールサイクロンから変化したスキルです。

このスキルも原初の魂同様の発動条件を持ちます。

フェルクリーヴは単体向けデシメートは範囲向けのスキルですね。

アップヒーバル

アップヒーバルはHPの残量に応じたダメージを与えるスキルです。

発動条件にインナービースト20ディフェンダー効果中またはデストロイヤー効果中とあります。

戦士の物理攻撃系は基本的に発動条件を確認する必要があるということですね。

スポンサーリンク




【FF14】戦士Lv70のスキルをざっくり解説敵視アップ系~

敵視アップ系スキル一覧
  • オーバーパワー
  • トマホーク
  • スチールサイクロン
  • オンスロート

オーバーパワー

オーバーパワーは対象に向かって放つ前方扇範囲攻撃です

戦士のタゲ取りとして最も扱いやすいスキルですね。

トマホーク

トマホークは遠隔物理攻撃スキルです。

単体の敵を相手にする時の初手として用いられます。

スチールサイクロン

スチールサイクロンは発動条件にインナービースト50ディフェンダー効果中の指定があります。

前述していますが、デストロイヤー効果中はデシメートに変化します。

オンスロート

オンスロートはインナービースト20ディフェンダー効果中またはデストロイヤー効果中であることが発動条件です。

バインド中は不可ともありますね。

物理攻撃系の一部のスキルのように、発動条件があるのでご注意ください。

【FF14】戦士Lv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • スリル・オブ・バトル
  • ディフェンダー
  • アンチェインド
  • ホルムギャング
  • ヴェンジェンス
  • ウォークライ
  • デストロイヤー
  • 原初の直感
  • シェイクオフ
  • 原初の解放

スリル・オブ・バトル

スリル・オブ・バトルは一定時間自身の最大HPを20%上昇させます。

実行した時点で最大HPの20%分のHPを回復できますので、かなり便利なスキルですね。

ディフェンダー

ディフェンダーは一度使用すれば効果時間は永続です。

自身への敵視上昇と共に、自身の与ダメージを20%減少させます。

このスキルの効果中に特定アクションを使用すると、インナービストが蓄積されるようになります。

このインナービーストは、蓄積量によって最大10%受け流し発動率を上昇してくれます。

デストロイヤーとは同時に使用できない為ご注意ください。

インナービーストを上昇させるスキルは下記の通りです。

  • スカルサンダー
  • メイム
  • ポーラアクス
  • シュトルムヴィント
  • シュトルムブレハ
  • ウォークライ

上記スキルでインナービーストを貯めて、前述した敵視上昇系や物理攻撃系のスキルを使っていくという流れですね。

アンチェインド

アンチェインドはディフェンダーの与ダメージ減少ペナルティを無効化してくれます。

DPSチェックの時などに使っていくと良いでしょう。

ホルムギャング

ホルムギャングはピンチの時に使うスキルです。

移動できなくなる点が難点ではありますが、HPが1より減ることがなくなります。

かなり素敵なスキルですね。

ヴェンジェンス

ヴェンジェンスも同様にピンチの時に使用するスキルです。

自身の被ダメージを30%軽減、かつ自身が物理攻撃を受けた場合に反撃ダメージを与えます

ウォークライ

ウォークライはインナービーストを50増加させるスキルです。

使用できるようになったらドンドン使っていきましょう。

デストロイヤー

デストロイヤーはディフェンダーと同じ永続スキルですが、使う出番はないかなと思います・・・。

使うのかな・・・?と、正直疑問です・・・。

私はビビりなのでディフェンダー一択です・・・。

原初の直感

原初の直感は正面から受ける物理攻撃を必ず受け流す素敵スキルです。

シェイクオフ

シェイクオフは自身とPTメンバーにバリアを張ります。

自身に「スリル・オブ・バトル」「原初の魂」「ヴェンジェンス」「原初の直感」のステータスが付与されている場合、それらを解除するとともにバリアの効果量を4%ずつ上昇させるという効果があります。

記述していて感じますが、戦士は盾としての役割を持つスキルが豊富ですね(`・ω・´)

原初の解放

原初の解放はインナービーストを消費せず各アクションを使用可能にしてくれます。

火力系のバフですね(`・ω・´)

スポンサーリンク




【FF14】戦士Lv70のスキルをざっくり解説回復系~

回復系スキル一覧
  • エクリブリウム

エクリブリウム

ディフェンダー効果中であることがエクリブリウムの発動条件です。

ちなみにデストロイヤー効果中の場合はTPも回復します。

【FF14】戦士Lv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • ランパート
  • 挑発
  • 見切り
  • リプライザル
  • アルティメイタム

おすすめのスキルは、上記5種です。

挑発とアルティメイタムは敵視はタゲが外れてしまった場合に使います。

ランパートや見切り、リプライザルは危なくなったら使うのが良いかもしれません。

スポンサーリンク




【FF14】戦士の始め方をざっくり解説

戦士のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

戦士ジョブ開始クエスト

受注場所はリムサ・ロミンサ:上甲板層(X:11.2 Y:6.1)、依頼人NPCはヴィルンズ-ンです。

受注条件は斧術士Lv30以上です。

タンクはLvが上がるにつれ重要度が増します。

さらっとクリアして戦士になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】戦士Lv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ヘヴィスウィング
  • スカルサンダー
  • バーサク
  • オーバーパワー
  • トマホーク
  • メイム
  • スリル・オブ・バトル
  • ボーラアクス
  • ディフェンダー

Lv30の戦士の場合のスキルの流れは上記の通りです。

ディフェンダーによる防御力アップを経てタンクとしてPTの壁となります。

ピンチの時はスリル・オブ・バトルで自己回復も可能です。

トマホークやオーバーパワーでタゲを取り、メイムで斬耐性を減少、その後火力コンボを行う流れとなります。

【FF14】戦士Lv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 原初の魂
  • シュトルムヴィント
  • アンチェインド

Lv40の戦士の場合、攻撃兼HP回復としてシュトルムヴィントを発動できるようになります。

シュトルムヴィントはコンボボーナスによってHPを吸収できるので、必ずコンボとして利用しましょう。

コンボの流れは、ヘヴィスウィング→メイム→シュトルムヴィントです。

原初の魂は発動条件にインナービースト50が必要な為、発動可能になりしだい即発動する形となります。ディフェンダーの与ダメージ減少ペナルティを無視するスキルの為、バンバン使っていきましょう。

アンチェインドは、ディフェンダーの与ダメージ減少ペナルティを20秒間無効化します。

デバフ付与後に使用すると良いでしょう。

スポンサーリンク




【FF14】戦士Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ホルムギャング
  • スチールサイクロン
  • ヴェンジェンス
  • シュトルムブレハ
  • ウォークライ

Lv50戦士になると、コンボスキルが増えます。

シュトルムブレハは常用スキルです。

バフスキルですので、必ず使用していきましょう。

ホルムギャングを使用する機会はまだありません。

ヴェンジェンスは被ダメ30%軽減+反撃ダメージを与えるスキルです。

ピンチの時用にとっておいたほうが無難かもしれませんね。

ウォークライはインナービーストを50増加させますので、バンバン使用していきたいですね。

【FF14】戦士Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • デストロイヤー
  • フェルクリーヴ
  • 原初の直感
  • エクリブリウム
  • デシメート

Lv60の戦士になると、デストロイヤーが使用可能になります。

デストロイヤーはディフェンダーと対をなすスキルです。

タンクとして余裕のある時に利用することになるでしょう。

デストロイヤー中は原初の魂はフェルクリーヴに変化し、火力スキルとして多用できるようになります。

さらにデストロイヤー中はスチールサイクロンがデシメートというスキルに変化します。

つまり、ディフェンダー用スキルとデストロイヤー用スキルに別れているということですね。

原初の直観は正面から受ける物理攻撃を必ず受け流します。

ただし、正面以外から攻撃を受けた場合はその攻撃がクリティカルヒットになるので注意してください。

エクリブリウムはHP回復スキルです。

ピンチの時用にとっておきましょう。

【FF14】戦士Lv70のスキル回しをざっくり解説余談~

さて、戦士編はいかがだったでしょうか。

戦士はタンクとして、敵視を集めるというのが最大の目的だと思います。

ですが、この敵視を集めるのがなかなかに大変かと思います・・・。

やった瞬間、今までタンク様守ってくれてありがとう!と思うことでしょう・・・。

難しいジョブかとは思いますが、ぜひチャレンジしてみてくださいね(`・ω・´)

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。