GUIDE

【FF14】ナイトLv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回はナイトLv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

ナイトのスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】ナイトLv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

ナイトの戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

基本はフラッシュを入れて、敵視漏れのないようターゲットを集めておけば、ひとまずはOKです。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

このコンボの合間にバフ系やデバフ系を挟みます。

もちろん他のPTメンバーに敵視が向かわぬよう、敵視アップ系も織り交ぜていきます。

ちなみに、ピンチの時に使用するスキルは下記の通りです。

ピンチの時に使用するスキル一覧
  • かばう
  • インビジブル
  • シールドバッシュ
  • クレメンシー
  • ディヴァインヴェール

ヒーラー様が敵に狙われたら、挑発もしくはかばうです。

自身が死にかけている時はインビジブル、相手が単体かつボスでないならば、シールドバッシュもありでしょう。

ナイトにとって、最低限使用しなければいけないスキルは以上になります。

ここからは腕の見せ所です。

ナイトの負担を減らすバフ・デバフ系については、リキャストタイムを考慮すれば分かりやすいと思います。

「※」がリキャストタイムです。

簡単に効果も書いておきましょう。

リキャストタイムが長いものと短いもので分けてスキル配置しておけば、けっこうスムーズに使用していけると思います。

ちなみにですが、ちょっと難しそう・・・そう感じてしまった方々もいらっしゃるでしょう。

大丈夫です。

いっそもう、基本すぐ使ってしまうという考えでいきましょう!(笑)

ナイトに慣れてくれば、用途の違いも細かく分類していけると思いますが、最初は使ってくれるだけマシ!だと周りが思ってくれると思います。※そんな妄想をしていますすみません。

ゆっくり、ひとつずつ、覚えていきましょう。

スキル回しを考察してていつも思いますが、コンマ単位で考えるのってしんどくなります。よね。

とはいえ、完璧に考えて数値まで記載しているブログは他の方がいっぱい書いてますから、慣れてきたらぜひ他の方のブログを参考にしてみてくださいね。

まずは、ナイトを楽しんでいきましょう!

残りのスキルもタイミングを見て使用します。

【FF14】ナイトLv70のスキルをざっくり解説コンボ系~

コンボ系スキル一覧
  • ファストブレード
  • サベッジブレード
  • レイジ・オブ・ハルオーネ
  • ライオットソード
  • ゴアブレード
  • ロイヤルアソリティ

ではまずコンボ系について解説していきましょう。

ナイトのコンボは下記のような流れになります。

コンボ1

ファストブレード→サベッジブレード→レイジ・オブ・ハルオーネ

コンボ2

ファストブレード→ライオットソード→ゴアブレード

コンボ3

ファストブレード→ライオットソード→ロイヤルアソリティ

 

コンボ1は敵視アップを目的としたコンボです。

コンボ2なら継続ダメージ付与、コンボ3なら総合火力重視になります。

敵があっちこっちいってしまって怖い!とか、ナイト始めたばかりやから・・・とビクビクしてしまっている方はコンボ1をメインにされたほうが良いでしょう。
ナイト様に求められているのは火力ではなく、敵視です!(自分に言い聞かせてます)

スポンサーリンク




【FF14】ナイトLv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • ファイト・オア・フライト
  • センチネル
  • 鋼の意志
  • ブルワーク
  • ディヴァインヴェール
  • インビンシブル
  • シェルトロン
  • 忠義の盾
  • 忠義の剣
  • インターベンション
  • パッセージ・オブ・アームズ
  • かばう

続いてバフ系です。

重要なのはセンチネル・ブルワーク・ディヴァインヴェールかと思います。

ファイト・オア・フライト

ファイト・オア・フライトは自身の与物理ダメージを25%上昇させます。

余裕が出たら使うようにしてください。

センチネル

自身の被ダメージを40%軽減します。

ピンチの時用スキルですね。

鋼の意思

自身にかけられたバインドとヘヴィを解除します。

一定時間、一部を除くすべてのノックバックと引きよせを無効化できるので、ギミック処理の為のスキルでしょう。

ブルワーク

自身のブロック発動率を60%上昇させます。

こちらもピンチの時用スキルですね。

ディヴァインヴェール

このスキルは自身の最大HPの10%分のダメージを軽減するバリアを付与します。

リキャストタイムが長いので、主にピンチの時に使用してください。

インビジブル

インビジブルもタンクとして必須のスキルです。

10秒間、自身への一部を除くすべてのダメージを無効化してくれます。

ピンチの時に絶対必要なスキルなので、戦闘状態を見極めて使いこなしていきましょう。

シェルトロン

シェルトロンの発動条件にある「オウス」とは、戦闘中わりと自然に溜まっていきます。

一回の攻撃のダメージはわりと少ないかもしれませんが、シェルトロンのリキャストタイムが5秒とかなり短い為、ヒーラー様にとっては負担軽減になるでしょう。

なので、このスキルも普段から使っていくようにしていくと良いと思います。

忠義の盾

基本は忠義の盾を使用、忠義の剣は余裕ができたら使用するようにしましょう。

忠義の剣

忠義の剣はオートアタック時に追加ダメージを与えます。

ダメージは武器の攻撃感覚の影響を受けます。

忠義の盾と同時使用はできません。

インターベンション

PTメンバー一人を対象に、被ダメージを10%軽減します。

自身にランパートセンチネルが付与されている時はその50%分の効果を対象にも付与します。

発動条件としてオウス50が必要となります。

パッセージ・オブ・アームズ

パッセージ・オブ・アームズは自身の広報扇範囲に対して被ダメージを軽減するシールドを生成します。

効果中は自身のブロック発動率は100%となり、さらに範囲内のPTメンバーの被ダメージを15%軽減します。

効果時間中にアクションや移動などを行うと、パッセージ・オブ・アームズは即解除されますので注意してください。

かばう

このスキルは対象のパーティメンバーが受ける攻撃を肩代わりしてくれます。

一部の攻撃はかばうことができませんが、追加効果として効果中に自身が肩代わりするダメージを20%軽減できます。

タンクとしては必須スキルですね。

【FF14】ナイトLv70のスキルをざっくり解説敵視上昇系~

敵視上昇系スキル一覧
  • フラッシュ
  • シールドロブ
  • シールドスワイプ
  • サークル・オブ・ドゥーム

続いて敵視上昇系です。

ナイトをする上では必須のスキルですね。

戦闘開始時にまず使用するのが、フラッシュシールドロブになります。

この2種はリキャストタイムが2.5秒の為、すぐに使用できるので戦闘中もメインで使います。

他のスキルはリキャストタイムが長い為、予期せぬ事態が起きた時用に残しておくのがセオリーです。

フラッシュ

フラッシュは自身の周囲にいる敵に対して、自身への敵視を上昇させます。

同時に対象に暗闇を付与させますので、物理攻撃系の敵を相手にしている場合はありがたいスキルですね。

シールドロブ

シールドロブは遠隔物理攻撃です。

敵視アップの追加効果もありますので、戦闘初期に使用するスキルですね。

シールドスワイプ

WS不可の効果を付与するので重要なスキルです。

サークル・オブ・ドゥーム

このスキルは継続ダメージの付与と同時に敵視アップもできます。

真っ先に使用するスキルですね。

【FF14】ナイトLv70のスキルをざっくり解説物理攻撃系~

物理攻撃系スキル一覧
  • シールドバッシュ
  • スピリッツウィズイン
  • トータルエクリプス
  • ホーリースピリット
  • レクイエスカット

次は物理攻撃系を見ていきましょう。

シールドバッシュやスピリッツウィズイン、トータルエクリプスは余裕がある時に使用していきましょう。

ナイトのメインはあくまで自身の敵視の確保です。

上手く敵をまとめられるようになったら使用してみると良いと思います。

特にシールドバッシュはスタンで敵視をリセットしてしまうので危険です。ソロで遊ぶ時にでも使ってあげてくださいね。

シールドバッシュ

シールドバッシュは対象をスタンさせるスキルです。

スピリッツウィズイン

スピリッツウィズインは自身の残りHPが高いほど威力が上昇する物理攻撃スキルです。

残HPを見て発動していきましょう。

トータルエクリプス

トータルエクリプスは自身の周囲の敵に対する範囲物理攻撃です。

ホーリースピリット

ホーリースピリットは無属性魔法攻撃です。

忠義の盾時の追加効果として、オウスを20上昇させます。

レクイエスカット

レクイエスカットは自身の残りMPが高いほどいりょくの上昇する物理攻撃です。

追加効果として、自身の現MPが最大MPの80%分以上残っている場合、自身の攻撃魔法による与ダメージと回復魔法の回復量を20%上昇させます。

スポンサーリンク




【FF14】ナイトLv70のスキルをざっくり解説回復系~

回復系スキル一覧
  • クレメンシー

クレメンシー

実はクレメンシーは詠唱がある為、PTではなかなか使用できないスキルです。

ナイトは敵視を中心に見て動くので、回復はヒーラー様に頼っていきましょう。

【FF14】ナイトLv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • ランパート
  • 挑発
  • アルティメイタム
  • 見切り
  • リプライザル

ロールアクション系のおすすめは上記5種になります。

ナイトは戦闘中の敵視を自身へ向けることが中心になりますので、挑発やアルティメイタムは必要でしょう。
そのほか3種のスキルは敵視を向けた後の補助ですね。どれだけ自分でカバーしきれるか見せどころです(ドキドキ)

スポンサーリンク




【FF14】ナイトの始め方をざっくり解説

吟遊詩人のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

ナイトジョブ開始クエスト

受注場所はウルダハ:ザル回廊( X:9.2 Y:11.7)、依頼人NPCはルルツです。

受注条件は剣術士Lv30以上です。

速攻でクリアして演奏を楽しみましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】ナイトLv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ファストブレード
  • ファイト・オア・フライト
  • サベッジブレード
  • フラッシュ
  • ライオットソード
  • シールドロブ
  • シールドバッシュ
  • レイジ・オブ・ハルオーネ
  • シールドスワイプ
  • 忠義の盾

Lv30のナイトのスキル回しはわりと簡単なほうかと思います。

敵視を集め、基本的なコンボを使用するのみです。

今はまだ、のんびりナイトを楽しんでいてください。

【FF14】ナイトLv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 忠義の剣
  • センチネル
  • かばう

ナイトはLv40になると、センチネルかばうを覚えます。

とはいえ、常時使用するというよりはピンチの時用に残しておくべきスキルです。

Lv40だとそこまでピンチになる機会はないと思いますが、どんな時に使用するかは把握しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク




【FF14】ナイトLv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 鋼の意志
  • スピリッツウィズイン
  • ブルワーク
  • トータルエクリプス
  • サークル・オブ・ドゥーム
  • インビンシブル

Lv50のナイトになると、範囲系攻撃スキルを2種覚えます。

戦闘初期のタゲ取りにどのスキルを使用するかはお好きなように選んでみてください。

インビンシブルはナイト最強の盾スキルです。

インビンシブルは自身への一部を除く全てのダメージを無効とする『これぞナイト!』と思える素敵スキルですので、大事に使用してくださいね。

【FF14】ナイトLv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • シェルトロン
  • ゴアブレード
  • ディヴァインヴェール
  • クレメンシー
  • ロイヤルアソリティ

Lv60ナイトになると、コンボも増えてスキル回しの幅が広がります。

ディヴァインヴェールはヒールをもらう前に使うイメージですね。

クレメンシーはHP回復スキルです。PTメンバーに使用すると自対象を回復した分の半分の量の回復を自身に当てれますので、PTメンバーに使用すると良いかもしれません。

シェルトロンはオウス50を発動条件としています。

Lv60の段階ではオウスによるスキルはシェルトロンしかありませんので、使用可能になったらバンバン使っていってください。

【FF14】ナイトLv70のスキル回しをざっくり解説余談~

さて、ナイト編いかがだったでしょうか。

実は、私はナイトを相当昔にIDで回していたくらいで、タンクとして難しいボスとかでちゃんと動かしたことはありません。

ですのでへたなりに、スキル詳細を見ながらざ~~っくり書いてみました。

とはいえタンクをやって分かったこともあります。

それは、『タンクってすごい』ってことです。

敵視を集めるって本当大変だと思います。

バラバラに散ってしまいDPSがピンチになる図、ヒーラー様が頑張ってフォローしてくれてる図。

やってみると分かる、すごい奴やんタンクって。

ヒーラーもですけど、やってみて本当大変だと思いました。

しかも実はタンクって、ざっくり解説するには難しいんだなって書いてから気付きました(笑)

これ読んでくださってる方々、ふぁいとですよ~!

本日も読んでくださってありがとうございました(`・ω・´)ゞ