GUIDE

【FF14】モンクLv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回はモンクLv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

モンクのスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】モンクLv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

モンクの戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

流れとしましては、コンボ系の合間にその他のカテゴリーのスキルを当てはめていく形になります。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

モンクで最も注意すべきことは疾風迅雷の維持です。

自身の与ダメージを10%上昇オートアタックの攻撃間隔ウェポンスキルおよび魔法のキャストタイムとリキャストタイムを5%短縮効果があるので、常にコンボを意識していきましょう。

敵の近くでスキルを連発するので、スキルのエフェクトがまぶしくて前が見えません状態に陥るかもしれませんが、前を向いて生きていってください(笑)

【FF14】モンクLv70のスキルをざっくり解説コンボ系~

コンボ系スキル一覧
  • 連撃
  • 壊神衝
  • 双竜脚
  • 正拳突き
  • 双掌打
  • 短勁
  • 崩拳
  • 破砕拳
  • 地烈斬

まず、コンボには「壱の型」「弐の型」「参の型」というバフがあります。

このバフが付与されていない状態でスキルを使用しても、追加効果が発動することはありません。

ですから、基本的にコンボ系はまずこのバフを付与するのが必須ということになります。

さらに威力についてももう一つ。

それは、背面攻撃もしくは側面攻撃の指定があるということです。

これを無視すれば威力は下がり、DPS低いと周りのパーティメンバーに睨まれてしまいます。

適当にバンバンスキルしようしてればよくね?とはならないのです。

楽しむうえでひとまずスキルを連打することは初期の段階では有りですが、皆と楽しむ為にもこの2点はしっかり理解してプレイしていきましょう。

以上を踏まえた上で、ざ~っくりまとめるとこうなります。

威力重視コンボ

連撃(背面)→正拳突き(背面)→崩拳(側面)

付与コンボ

双竜脚(側面)→双掌打(側面)→破砕拳(背面)

デバフ系範囲コンボ

壊神衝→短勁→地烈斬(前方範囲攻撃)

背面か側面かくらいは暗記していきましょう、覚えるほかありません(笑)

単純に分けるとこの3パターンになりますが、②→①の順で回していくのが自然な形かと思います。

パーティ戦ではスタンは使用しないでください。

なぜかというとタンクの敵視が切れてしまうので、自分が攻撃されることになってしまうからです。

連発していたら、タンクさんのほうからやめてくださいと指示されるでしょう。

壊神衝の沈黙だけはボス戦などで使用することもありますから、どういう時に沈黙させるのか検討していく必要がありますね。

ただし、雑魚を集めてバンバン倒したい!というときは③の「弐の型」を短径ではなく正拳突きに変えていくと思います。

ですから本来の③の使用方法は、壊神衝→正拳突き→地烈斬になるでしょう。

【FF14】モンクLv70のスキルをざっくり解説物理攻撃系~

物理攻撃系スキル一覧
  • 鉄山靠
  • 空鳴拳
  • 蒼気砲
  • 闘魂旋風脚
  • 金剛羅刹衝
  • 疾風羅刹衝
  • 紅蓮羅刹衝
  • 疾風の極意

基本的にリキャストタイムが長いので、使えるようになったらすぐ使う形が良いと思います。

空鳴拳

空鳴拳は対象に向かって放つ前方直線範囲物理攻撃です。

範囲とはいえ『直線』なので、どの程度の範囲まで敵を巻き込めるのかスキルを使用しながら確認してみると良いでしょう。

蒼気砲

蒼気砲は自身の周囲に放つ範囲物理攻撃です。

スキルによって範囲にも違いがあるので注意してくださいね。

闘魂旋風脚

闘魂旋風脚の発動条件に「疾風迅雷III」とありますが、これはコンボを3回こなすと付与されます。

疾風迅雷自体は与ダメージと攻撃速度が上昇が付与されますので、常時疾風迅雷を維持するのがモンクの仕事となっています。

つまり、コンボを理解し、合間に物理攻撃系を放っていくというスタイルになるのです。

金剛羅刹衝

金剛羅刹衝は、対象に急接近して物理攻撃を放ちます。

発動条件として『金剛の構え』が必要です。

2秒間のスタンも追加効果として発動してしまう為、PT戦ではあまり使わないかもしれません。

とはいえ、急接近するというアクションは戦闘時において魅力的です。

ソロの時などは率先して使ってみましょう。

正直、テンション上がります(`・ω・´)ゞ

疾風羅刹衝

疾風羅刹衝は、金剛羅刹衝と同じ急接近してスタンさせる物理攻撃ですね。

発動条件として『疾風の構え』が必要です。

紅蓮羅刹衝

紅蓮羅刹衝も金剛羅刹衝や疾風羅刹衝と同じく急接近してスタンさせる物理攻撃です。

発動条件としては『紅蓮の構え』が必要です。

戦闘時は主に『紅蓮の構え』を使用していますので、戦闘で使用する際一番利用するのは紅蓮羅刹衝でしょう。

疾風の極意

疾風の極意は対象をスタンにさせます。

『疾風の構え』が発動条件としてある為、普段使用する機会は少ないでしょう。

スポンサーリンク




【FF14】モンクLv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • 発勁
  • 金剛の構え
  • 疾風の構え
  • 紅蓮の構え
  • マントラ
  • 踏鳴
  • 演武
  • 闘気※陰陽闘気斬
  • 金剛の極意
  • 紅蓮の極意
  • 桃園結義

実は単純な付与スキルは発勁とマントラだけです。

発勁

発勁は自身に対するクリティカル発動率を30%上昇させます。

リキャストタイムが60秒と長いので、戦闘開始直後に使用、そのまま発動可能になりしだい再度発動する形となるでしょう。

クリティカル発動率が30%も上がるので、火力もだいぶ変わってくるかと思います。

金剛の構え or 疾風の構え or 紅蓮の構え

〇〇の構えというスキルが3種ありますが、戦闘時に使用するのは主にDPSを上げる紅蓮の構えになります。

疾風の構えは移動速度の上昇効果がある為、戦闘以外のシーンで使用することになるでしょう。

金剛の極意 or 紅蓮の極意

〇〇の極意というスキルも3種あります。

戦闘時は紅蓮の構えがメインとなりますので、紅蓮の極意を使用することになるでしょう。

ウェポンスキルのリキャストタイムの15%延長と引き換えに与ダメージ30%上昇効果が発生します。

効果時間は20秒ですので、この時間内はアビリティスキルをメインに放つ流れを作っていきましょう。

マントラ

マントラは自信と周囲のPTメンバーが受ける回復魔法の効果を20%アップさせます。

ヒーラーの負担減を目的として、ピンチの時に使用する流れとなるでしょう。

踏鳴

踏鳴はコンボ初手による継続ダメージ付与が終わり次第使用すると良いでしょう。

演武

次に演武ですが、これは戦闘前の準備や、継続ダメージ付与などを調整する際に使用してみてください。

リキャストタイムは2.5秒なので、意外と使用頻度は高いです。

闘気

最後に闘気ですが、こちらも基本は戦闘前の準備中に用意をしておく形になると思います。

闘気は5つ貯めると気孔術陰陽闘気斬が使用できます。

気孔術

気孔術は自身への敵視の半減やTP300回復など、戦闘中ピンチの時に使用するスキルです。

陰陽闘気斬

陰陽闘気斬は威力250と攻撃力が高く、戦闘開始時の最初の一手として有効です。

ただし、どちらもメインで使用するわけではありません。

攻撃までに時間があるときに準備しておくスキルですので、闘気5にしなきゃ~!なんてことはありませんので、余裕のある時にやってみてくださいね。

ちなみに私は、闘気覚えたての頃FCハウス前で覚えましたアピールめっちゃしてました。

疾風の極意はスタン、金剛の極意は被ダメージ10%減少、紅蓮の極意は与ダメージ30%増加です。戦闘中は基本紅蓮の極意を使っていきましょう。

桃園結義

桃園結義は闘気が付与されるので、使えるようになったらすぐ使っていきましょう。

【FF14】モンクLv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • 内丹
  • ブラッドバス
  • 牽制
  • アームレングス
  • トゥルーノース

おすすめのスキルは上記5種です。

内丹やブラッドバスはHP回復、牽制はデバフです。

アームレングスはバリアの追加効果に20%スロウがあります。

トゥルーノースは方向指定スキルの方向指定を無くしますので利便性が良くなります。

モンクには必須スキルでしょう。

これらを駆使してプレイを楽しんでみてください。

スポンサーリンク




【FF14】モンクの始め方をざっくり解説

モンクのジョブ開始クエストは下記クエストになります。

モンクジョブ開始クエスト

受注場所はウルダハ:ナル回廊 (X:9.4 Y:10.2)、依頼人NPCはガガルナです。

受注条件は格闘士Lv30以上です。

チャチャッとクリアしてモンクになってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】モンクLv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 連撃
  • 正拳突き
  • 崩拳
  • 発勁
  • 金剛の構え
  • 双掌打
  • 壊神衝
  • 破砕拳
  • 地烈斬

Lv30のモンクにおいて、一対一で行う実際のスキルの流れは上記のような形となります。

デバフやバフを付与し、最大火力でコンボである『連撃→正拳突き→崩拳』を行うのです。

なお、壊神衝地烈斬は範囲物理攻撃です。

複数体敵がいる場合は、『連撃→壊神衝地烈斬』という形で対応していきましょう。

【FF14】モンクLv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 疾風の構え
  • 羅刹衝
  • 鉄山靠
  • 紅蓮の構え

Lv40のモンクの場合、金剛の構えから紅蓮の構えへ変更して火力を上げます。

戦闘初期にアビリティスキルである羅刹衝鉄山靠を挟み、火力を高めていきましょう。

ただし、PT戦の場合は羅刹衝は控えてください。

羅刹衝は対象をスタンさせてしまいます。

タゲ取りを頑張っているタンク様の負担となりますのでご注意ください。

スポンサーリンク




【FF14】モンクLv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • マントラ
  • 短勁
  • 空鳴拳
  • 踏鳴
  • 双竜脚

Lv50のモンクにとって注目すべきは、初手で行う連撃が双竜脚に変更されたことと、踏鳴による正拳突きの連打です。

双竜脚は対象の打耐性を10%低下させますので、初手で発動させる必要があるということですね。

踏鳴はコンボの中で最も火力の高い正拳突きを常時発動できるようになりますので、火力アップにかなり影響があります。

デバフやバフを付与したタイミングに合わせて使用していきましょう。

【FF14】モンクLv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 演武
  • 闘気
  • 陰陽闘気斬
  • 蒼気砲
  • 気孔術
  • 闘魂旋風脚

Lv60のモンクでは、戦闘開始前に闘気を5つ貯める作業が追加されます。

その後アビリティスキルとして、コンボの合間に陰陽闘気斬を発動、その後はコンボに合わせてデバフやバフを付与して疾風迅雷Ⅲを付与させます。

そして最終的に闘魂旋風脚を放つ、ココまでがLv60モンクのスキルの流れとなります。

なお、蒼気砲を最後にしていますが、この蒼気砲はアビリティスキルですので、合間に発動できればドンドン発動してください。

ひとまずは、コンボの合間にアビリティスキルを1つ挟んでおけば最低限のバフやデバフは付与させる流れが作れますので、まずは上記の流れを参考にしてみてくださいね。

【FF14】モンクLv70のスキル回しをざっくり解説余談~

私がDPSで最初に60Lvまでカンストしたのはモンクでした。

懐かしのジョブですが、やっていないと案外忘れてしまうものですね。

同じように忘れてしまった方々にざっくり解説が役立てばいいなぁなんて思っております。

気が向いた時に、ゆるりとどーぞ。

それでは、本日も読んでいただきありがとうございました。