GUIDE

【FF14】赤魔導士Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は赤魔導士Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

赤魔導士のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】赤魔導士Lv70のスキル回しをざっくり解説全体の流れ~

赤魔導士の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

基本は物理攻撃系をメインに、バフやデバフを付与していく形です。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

マナの偏りについてですが、ホワイトマナがブラックマナより高いならヴァルフレアブラックマナがホワイトマナより高いならヴァルホーリーを選択します。

バランスゲージを絶えずチェックしていくのが赤魔導士の仕事です。

マナの蓄積の速さで言えばスキャッターなのですが、火力が低い為ヴァル系によりマナを貯めることになるでしょう。

追加効果の発動しだいでスキルの流れも順番が変わったりしますので、

赤魔導士には、連続魔という特性があります。

この特性では、次の魔法を詠唱無しで実行することができます。

詠唱時間のある魔法を実行すれば、自動的に連続魔が付与されます。

また、赤魔導士には特定のルートでスキルを使用(コンボ)すると威力アップボーナス効果もあります。

最大の特徴は『バランスゲージ』です。

ホワイトマナ』と『ブラックマナ』という蓄積状態を表すゲージが表示されます。

これは、特定の魔法を使用することで蓄積されていくものです。

一定以上蓄積させると、以下のようにスキルが変化します。
※その他にも特定アクションの威力や効果が強化されます。

リポスト→エンリポスト
ツヴェルクハウ→エンツヴェルクハウ
ルドゥブルマン→エンルドゥブルマン

どちらかのマナが偏ってしまうと、上部に表示されるクリスタルの色がそれぞれ変わり、少ない方のゲージの上昇量が低下してしまいます。
※最初は赤色です。

ですので、それぞれのマナをバランスよく増加させて、攻撃力を高めていきましょう。

【FF14】赤魔導士Lv70のスキルをざっくり解説物理攻撃系~

物理攻撃系スキル一覧
  • リポスト
  • コル・ア・コル
  • ツヴェルクハウ
  • デブラスマン
  • フレッシュ
  • ルドゥブルマン
  • ムーリネ
  • コントルシクスト

リポスト→ツヴェルクハウ→ルドゥブルマン

コンボは、赤魔導士メインのスキルになります。

スキルは次の通りです。

  1. リポスト
  2. ツヴェルクハウ
  3. ルドゥブルマン

これは単純に上から使用していけばコンボになります。

赤魔導士の物理系スキルにおいてのコンボは、この1種のみになっております。

ですので、間違えることはありません。

ただし、重要なのはここからです。

前述したとおり、ホワイトマナとブラックマナが一定値を超えた場合、上記3種のスキルは上位スキルに変換されます。それが以下のスキルです。

  • エンリポスト
  • エンツヴェルクハウ
  • エンルドゥブルマン

この3種が赤魔導士の要です。

これらは魔法攻撃系のスキルになります。

ホットバーにも登録はできませんので注意してくださいね。

この3種のスキルに繋げていくためにホワイトマナやブラックマナの管理が必須になるのです。

ですので、これから記載する魔法攻撃系もきっちりこなしてみてくださいね。

コル・ア・コル

コル・ア・コルは急接近して物理攻撃を行います。

先制攻撃用のスキルですね。

デブラスマン

デブラスマンは15m広報へ飛び退きながら物理攻撃を行います。

ギミック避けなどで使用するかもしれません。

フレッシュ

フレッシュは単体系の高火力物理攻撃です。

リキャストタイムは25と短めのアビリティスキルなので、発動可能になったらドンドン使用していきましょう。

ムーリネ

ムーリネは対象に向かって放つ前方扇範囲物理攻撃です。

ブラックマナとホワイトマナが30以上の場合はエンムーリネに変化します。

ムーリネの威力は60、エンムーリネの威力は200ですので、ブラックマナとホワイトマナを貯めてから発動するべきスキルといえるでしょう。

コントルシクスト

コントルシクストは対象とその周囲の敵に対する範囲物理攻撃を行います。

威力350と高火力ですが、2体目以降への威力は10%ずつ減少、最低50%まで減少します。

コントルシクストもアビリティスキルです。タイミングを見てバンバン使用してみてください。

スポンサーリンク




【FF14】赤魔導士Lv70のスキルをざっくり解説魔法攻撃系~

魔法攻撃系スキル一覧
  • ジョルト
  • ヴァルサンダー
  • ヴァルエアロ
  • スキャッター
  • ヴァルファイア
  • ヴァルストーン
  • エンリポスト
  • エンツヴェルクハウ
  • エンルドゥブルマン
  • エンムーリネ
  • ジョルラ
  • インパクト
  • ヴァルフレア
  • ヴァルホーリー

魔法攻撃系のスキルは、ブラックマナやホワイトマナを『貯める』スキルと、『使う』スキルに別れます。

まずは前述した物理系の上位互換スキルから解説していきましょう。

  • エンリポスト
  • エンツヴェルクハウ
  • エンルドゥブルマン
  • エンムーリネ

名前の最初に「エン」と付くので分かりやすいですね。

上位互換となったこれらスキルはブラックマナやホワイトマナを『使う』スキルです。

基本的に高火力で、これらスキルを使う為に2種のマナを上手く貯めていくことが赤魔導士の仕事です。

なお、コンボを最後まで続ける場合に必要なマナは、ブラックマナホワイトマナ共に80必要です。

頑張って貯めていきましょうね!

では次に、『貯める』スキルを見ていきましょう。

  • ジョルト・ジョルラ・スキャッター:2種のマナを3ずつUP
  • インパクト:2種のマナを4UP
  • ヴァルファイア:ブラックマナを9UP
  • ヴァルストーン:ホワイトマナを9UP
  • ヴァルサンダー:ブラックマナを11UP
  • ヴァルエアロ:ホワイトマナを11UP
  • ヴァルフレア:ブラックマナを21UP
  • ヴァルホーリー:ホワイトマナを21UP

こうしてみると分かりやすいですね。

スキルの詳細も記載しておきましょう。

ジョルト

ジョルトは威力180の無属性魔法攻撃です。

ジョルラ

ジョルラは威力240の無属性魔法攻撃です。

追加効果としてインパクト詠唱可を付与します。

スキャッター

スキャッターは対象とその周囲に無属性魔法攻撃を行います。

発動率30%ですがスキャッター効果アップも付与します。

通常のスキャッターはブラックマナとホワイトマナを3ずつ上昇させますが、スキャッター効果アップ中はブラックマナとホワイトマナを10ずつ上昇させてくれます。

インパクト

インパクトは対象へ無属性魔法攻撃を行います。

威力も270と高めなので、使用可能になったら即発動しておいてください。

ヴァルファイア

ヴァルファイアも同様に、ヴァルファイア効果アップであることが条件です。

ヴァルストーン

ヴァルストーンはヴァルストーン効果アップ中であることが発動条件です。

ヴァルサンダー

ヴァルサンダーは対象に雷属性の魔法攻撃を行います。

威力も310と高いです。

追加効果として自身にヴァルファイア効果アップを付与します(発動率50%)

ヴァルエアロ

ヴァルエアロは、対象に風属性の魔法攻撃を行います。

威力も310と高いです。

追加効果として自身にヴァルストーン効果アップを付与します(発動率50%)

ヴァルフレア&ヴァルホーリー

ヴァルフレアとヴァルホーリーは、マナの量しだいで追加効果の発動率が20%から100%に変動します。※ヴァルファイア効果アップ及びヴァルストーン効果アップ

ホワイトマナのほうがブラックマナより高い場合はヴァルフレア、ブラックマナのほうがホワイトマナより高い場合はヴァルホーリーを唱えて追加効果を100%で発動できます。

コンボが複数登場したので、一旦整理してみましょう。

魔法攻撃系のコンボは計5種、そしてコンボの中枢はヴァルファイヤとヴァルストーンにあるということが分かりましたね。

念のため魔法攻撃系コンボのおさらいをしておきましょう。

魔法攻撃系コンボ【1】

  1. ヴァルサンダー※ヴァルファイア効果アップ付与
  2. ヴァルファイア

魔法攻撃系コンボ【2】

  1. ヴァルアエロ※ヴァルストーン効果アップ付与
  2. ヴァルストーン

魔法攻撃系コンボ【3】

  1. ジョルラ※インパクト詠唱可付与
  2. インパクト

魔法攻撃系コンボ【4】

  1. スキャッター※スキャッター効果アップ付与
  2. スキャッター

魔法攻撃系コンボ【5】

  1. エンリポスト
  2. エンツヴェルクハウ
  3. エンルドゥブルマン
  4. ヴァルフレア or ヴァルホーリー※追加効果が100%発動する方を選択する
  5. ヴァルファイア or ヴァルストーン

なお、迅速魔を使用した場合はコンボを繋げることはできません。

マナのバランスを考えると、迅速魔はジョルトやスキャッターを使用する際使うべきでしょう。

スキャッターには追加効果が25%の確率で発動されます(マナ2種共に8上昇)から、マナ効率を考えると常時使用はスキャッターをおすすめします。

全体のスキル回しとしては、最初にマナを80まで貯めて物理系のスキル『エン〇〇』のコンボ、そしてヴァルフレア or ヴァルホーリー、その後はヴァルファイアとヴァルストーンのコンボを行うという流れになります。

余談ですが、ジョルトのみでマナを貯めた場合、マックスまでは80秒かかります。

スキャッターのみの場合は60秒ほどでした。

マナを片方だけ先にマックスにした場合は115秒で、マナを均等にマックスにした場合は70秒かかります。

つまり、最速で安定的にマナを貯めたいのであれば、スキャッターが良いということになりますね。

ただし、火力はヴァル系のほうが断然高いわけですから、総合値を考えるとヴァル系で貯めるのが基本となるでしょう。

細かいマナの数値調整としてスキャッターを使うという形でしょうか。

スキャッターは範囲攻撃ですから、ジョルトよりは使用率も高くなりそうですね。

【FF14】赤魔導士Lv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • アクセラレーション
  • エンボルデン
  • マナフィケーション

アクセラレーション

ヴァルファイア効果アップもしくはヴァルストーン効果アップが付与される魔法について、追加効果が必ず発動します。

エンボルデン

エンボルデンは自身や周囲のPTメンバーの与ダメージを10%上昇させます。

効果自体は4秒毎に2%ずつ低下、

マナフィケーション

マナフィケーションはゲージが2倍になりますから、初心者の方にも実感しやすいかと思います。

ただし、このスキルを使用するとコンボが中断されますのでご注意ください。

エンボルデンやアクセラレーションも、パーティのDPSにかなり影響してきます。

慣れないうちはマナフィケーションのみでチャレンジしていきましょう。

重要なのは、スキルを理解して使用していくことです。

ここで「どのボタン押せばいい」とだけ暗記していても、きっとDPSとしての根本的な火力アップには繋がらないでしょう。

まずは一つずつ理解して進む。コレが大切です。

スポンサーリンク




【FF14】赤魔導士Lv70のスキルをざっくり解説デバフ系~

デバフ系スキル一覧
  • テザー

テザー

テザーは対象やその周囲の敵にバインドを付与します。

【FF14】赤魔導士Lv70のスキルをざっくり解説回復系~

回復系スキル一覧
  • ヴァルケアル
  • ヴァルレイズ

ヴァルケアル

続いて回復系のヴァルケアルですが、これはけっこー重要です。

連続魔効果も出せるので、実質2倍の回復を見込めます。

ヒーラーが困っていそうなら、フォローしてあげてください。

ヴァルレイズ

ヴァルレイズは対象を衰弱状態で蘇生させるスキルです。

倒れているキャラを起こす余裕がヒーラーに無い時は迅速魔と合わせて起こしてあげましょう。

【FF14】赤魔導士Lv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • アドル
  • マナシフト
  • ディバージョン
  • ルーシッドドリーム
  • 迅速魔

おすすめのロールアクションスキルは上記5種になります。

デバフ系としてアドル、敵視補助系はディバージョンルーシッドドリーム、詠唱補助系として迅速魔、ヒーラー様へのMP補助としてマナシフトです。

ボス戦ではヒーラーがMP切れる場合もありますから、ある程度慣れたら周りのMP消費状況を確認できるようになると良いですね。

スポンサーリンク




【FF14】赤魔導士の始め方をざっくり解説

赤魔導士のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

赤魔導士ジョブ開始クエスト

受注場所はウルダハ:ザル回廊(X:14.1 Y:11.7)、依頼人NPCは瞳をうるませた少女です。

受注条件はファイター or ソーサラーLv50以上です。

赤魔導士は遠近両用素敵ジョブです。

ササっとクリアして赤魔導士になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】赤魔導士Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • リポスト
  • ジョルト
  • ヴァルサンダー
  • コル・ア・コル
  • ヴァルエアロ
  • テザー
  • スキャッター
  • ヴァルファイア
  • ヴァルストーン
  • ツヴェルクハウ
  • デプラスマン
  • フレッシュ
  • ルドゥブルマン
  • アクセラレーション

Lv50の赤魔導士の場合、ブラックマナとホワイトマナを貯めるまでのコンボと、エンリポスト→エンツヴェルクハウ→エンルドゥブルマンのコンボがメインとなります。

さらに赤魔導士ではコル・ア・コルやフレッシュによる追加攻撃も可能なので、はたから見ると攻撃の嵐ですね。

特にフレッシュなんかはアクションも派手なのでテンション上がります。

赤魔導士は畳みかけるような攻撃アクションが魅力のジョブです。

ぜひ攻撃色を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク




【FF14】赤魔導士Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ムーリネ
  • ヴァルケアル
  • コントルシクスト
  • エンボルデン
  • マナフィケーション

Lv60の赤魔導士の場合、一番の変化はマナフィケーションでしょう。

マナフィケーションにより、バランスゲージの蓄積量を2倍にできるので、エンリポスト→エンツヴェルクハウ→エンルドゥブルマンのコンボをより早く行えるようになります。

マナフィケーションのリキャストタイムは120秒と長い為、エンリポスト→エンツヴェルクハウ→エンルドゥブルマンのコンボを連発できるようになるわけではありませんが、それでも火力もかなりアップすることになるでしょう。

さらにコントルシクストやエンムーリネという範囲系スキルもアビリティスキルとして覚えますので、コンボの合間に挟んで利用すればさらなる火力アップとなります。

ヴァルファイヤ効果アップやヴァルストーン効果アップは発動率がランダムな為、スキル回しを固定化することは難しいですが、木人などで練習して対応力を高めていけば問題ないかと思います。

赤魔導士を極める為、木人には生贄になっていただきましょう(`・ω・´)ゞ

【FF14】赤魔導士Lv70のスキル回しをざっくり解説余談~

さて、赤魔導士編はいかがだったでしょうか。

赤魔導士はけっこうド派手なスキルが多いので、戦闘を楽しむにはもってこいです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。