GUIDE

【FF14】侍Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は侍Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

侍のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】侍Lv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

吟遊詩人の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

基本的には、コンボや居合術がメインです。実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

剣気が50貯まった必殺剣・紅蓮、そしてトドメに鳳蝶です。満月や桜花など範囲系コンボでも剣気は貯まります。必殺剣・回天はウェポンスキルの威力を1.5倍にしてくれますが、最終的な数値を計算すると、必殺剣・紅蓮のほうが合計値が高いです。

例えば、剣気が100あった場合の計算値

  • 必殺剣・回天×居合術(乱れ雪月花)×4=4320
  • 居合術(乱れ雪月花)×4+必殺剣・紅蓮×2=4480

となります。

一回で考えるとわずかな差ですが、この計算をするのとしないのとでは長期戦になった時だいぶ火力として差が出てしまうでしょう。それでは続いて、カテゴリーごとにスキルを見ていきましょう。

【FF14】侍Lv70のスキルをざっくり解説単体物理攻撃系~

単体物理攻撃系スキル一覧
  • 刃風
  • 陣風
  • 鳳蝶
  • 燕飛
  • 士風
  • 月光
  • 居合術
  • 花車
  • 雪風
  • 必殺剣・暁天
  • 必殺剣・夜天
  • 必殺剣・震天
  • 必殺剣・星眼

侍はコンボ雪月花の閃剣気ど、3種の攻撃パターンを考慮して戦闘を行います。分かりずらいと思いますので、まずはスキル詳細をチェックしてみてくださいね。

コンボ

ではまず、コンボについて流れを見ていきましょう。

(1)刃風陣風月光
※威力合計:150+300+420=870

このコンボでは、自身の与ダメージ上昇が付与されます。

(2)刃風士風花車
※威力合計:150+300+420=870

このコンボでは、自身のオートアタック・ウェポンスキルのリキャストタイムが短縮されます。

(3)刃風雪風
威力合計:150+360=510

このコンボでは、対象への耐性減少(10%)が付与されます。

侍のメインのループはこの3コンボになります。

ダメージ計算すると、(1)と(2)は合計1740、(3)は合計1530です。
※記載したダメージ量は、(1)と(2)は2回ループ、(3)は3回ループさせてアクション数を平均化した数値となります。

どの順番でも構いませんが、メインは(1)か(2)のどちらかということになるでしょう。攻撃の方向指定があるので注意してくださいね。なお、ロールアクション系に、トゥルーノースがあります。ギミックなどで方向指定が難しい場合はこちらを使用してください。

鳳蝶

鳳蝶は対象のHPが20%以下の場合発動可能となります。追加効果として剣気10上昇、さらにトドメを刺すと剣気を20上昇させてくれます。

燕飛

燕飛は遠隔物理攻撃です。通常時の威力は100、燕飛効果アップ時の威力は320ですので、燕飛効果アップ時に狙えたらベストですね。

とはいえ、燕飛効果アップは必殺剣・夜天使用時に発動する追加効果です。必殺剣・夜天の使用頻度は低いので、燕飛効果アップ付与についてはあまり考えなくて良いでしょう。

居合術

続いて居合術についてです。こちらは先ほど記載したコンボを行うと付与されるステータスを利用するスキルになります。正確なステータスの名称は、『雪の閃』『月の閃』『花の閃』といいます。

最終コンボとして使用される月光・花車・雪風というスキルを使用するとそれぞれ雪の閃を付与する形になります。このステータスの付与状況により(閃の数)、「居合術」というスキルを発動することになります。

彼岸花天下五剣乱れ雪月花という3種のスキルに変化しますが、これらはホットバーに追加することはできません。ちなみにどのスキルでも貯めた付与ステータスを全て消費する形になります。

彼岸花は継続ダメージを付与しますので、戦闘初手として最初に彼岸花を使用します。その後天下五剣を使用するか、乱れ雪月花を使うかは状況によって別れます。

剣気

では続いて、侍の最大の特徴である『剣気』について触れていきましょう。侍のスキルには、剣気という数値を蓄積できるスキルが多数存在します。

基本的に『剣気を使用して発動するスキル以外』は蓄積していきます。そしてこの蓄積した剣気を使うスキルが『必殺剣』シリーズです。

必殺剣の流れとしましては、次のような使い方になるでしょう。

剣気を100貯めた場合

必殺剣・回天 → 必殺剣・紅蓮

必殺剣の種類は複数ありますが、実際の用途は基本的にこの形かと思います。他の必殺剣は威力も弱く、選択肢にはならないでしょう。

余談ですが、鳳蝶はトドメを刺すと剣気を20上昇してくれます。鳳蝶を使用する分を考えると、剣気は50前後残しておくと余裕を持って戦闘できるでしょう。

必殺剣・暁天

必殺剣・暁天は急接近して物理攻撃を行います。戦闘の初手として用いられるのが必殺剣・暁天もしくは燕飛です。敵との距離がある時に使用するスキルですね。

必殺剣・夜天

必殺剣・夜天は燕飛効果アップを付与しますが、威力の低いスキルです。10m後方へジャンプするアクションスキルですが、あまり使用する機会はないかもしれません。

必殺剣・震天

必殺剣・震天対象に威力300の物理ダメージを与えます。わりと威力も高いのですが、必殺剣・紅蓮のほうが威力も高い為、利用頻度は低いかもしれませんね。

必殺剣・星眼

必殺剣・星眼は威力200の物理攻撃です。ざっと見て分かる通り、必殺剣・紅蓮のほうが威力も高くあまり使用しないスキルとなるでしょう。

スポンサーリンク




【FF14】侍Lv70のスキルをざっくり解説範囲物理攻撃系~

範囲物理攻撃系スキル一覧
  • 風雅
  • 満月
  • 桜花
  • 必殺剣・九天
  • 必殺剣・紅蓮

雑魚的を散らす時は、この範囲攻撃3種のスキルを重宝します。基本的な流れは次の通りです。

風雅

対象に向かって前方扇範囲物理攻撃を行います。

満月

自身の周囲の敵に範囲物理攻撃を行います。2体目以降は10%ずつ威力減少最低50%まで下がります。

風雅からのコンボスキルとなり、月の閃を付与します。

桜花

桜花は自身の周囲の敵に対して範囲物理攻撃を行います。2体目以降は10%ずつ威力減少最低50%まで下がります。コンボボーナスで上昇する分の威力には影響しません。

風雅からのコンボスキルとなり、の閃を付与します。

必殺剣・九天

必殺剣・九天は自身の周囲の敵に対して範囲物理攻撃行います。剣気25が発動条件なので、剣気には気を配って動いていきましょう。

必殺剣・紅蓮

必殺剣・紅蓮は対象に向かって前方直線範囲物理攻撃を行います。最も使用頻度の高い必殺剣ですね。2体目以降は25%ずつ威力減少最低50%まで下がります。

見て分かる通り、同じ範囲系物理攻撃でも範囲の指定が違います。特に必殺剣・紅蓮は最も重要な火力スキルです。不安であれば、木人で閃のみ練習してみたり、剣気のみ使用してみたりと色々試してみると良いかと思います。

【FF14】侍Lv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • 心眼
  • 明鏡止水
  • 必殺剣・回天
  • 黙想
  • 葉隠

 

心眼

心眼は、効果中に受ける一回の攻撃ダメージを10%軽減します。

成功すれば開眼付与され、慈眼が使用可能になります。効果時間も考慮すると、この二つのスキルはセットで使用する形になるでしょう。慈眼はHP回復スキルですので、目的はヒーラーの負担が減らせます。

明鏡止水

続いて明鏡止水ですが、こちらはかなり重宝します。ウェポンスキルのコンボを条件満たさずとも成功させてくれるからです。このスキルには時間制限があり、かつ居合術を除くウェポンスキルを3回実行すると効果が切れます。

DPSを上げる為、閃が付与されるようコンボの最終スキルを下記から3種選択して使用する形になります。

必殺剣・回天

最後に必殺剣・回天です。このスキル効果時間中に実行する1回のウェポンスキルの威力を1.5倍にします。前述しましたが、常時使用していく重要なスキルです。

必殺剣・紅蓮とセットで使用していくことになります。がんがん剣気を貯めて使用していきましょう!

瞑想

黙想についてはあまり使用しないスキルだと思ってよいです。

このスキル徐々に剣気を上昇させる効果がありますが、アクション実行や移動などで即座に解除されてしまいます。さらにオートアタックは自動で停止されてしまいますので、かなり使い勝手の悪いスキルです。

木人相手にどんなスキルか試してみると良いでしょう。これはだめだと実感すると思います(笑)

葉隠

葉隠は自身に付与された閃を剣気へと変換してくれます。変換する閃は一つにつき剣気20上昇させます。

スポンサーリンク




【FF14】侍Lv70のスキルをざっくり解説回復系~

回復系スキル一覧
  • 慈眼

慈眼

前述しましたが、慈眼「開眼」効果中に使用可能回復力200のスキルです。開眼とは、付与系スキルの「心眼」が成功した時に付与されるステータスになります。

追加効果で自身に対する全ての敵視を20%減少せるので、タゲを取ってしまった場合に使用していきましょう。タンクの負担も減りますので、きちんと使っていきたいですね。

【FF14】侍Lv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ルールアクション系スキル一覧
  • 内丹
  • ブラッドバス
  • ディヴァージョン
  • 牽制
  • トゥルーノース

おすすめは上記5種になります。

トゥルーノース

ロールアクション系で重要なのは、トゥルーノースです。

方向指定条件のあるスキルをどの方向からでも追加効果を発動させる効果を持つ為、方向指定スキルを発動する際定位置にいれない場合使ってください。

内丹とブラッドバスはHP回復目的で使用、牽制はデバフ系ですね。ディヴァージョンは敵視を抑えます。使える時にどんどん使っていきましょう。

スポンサーリンク




【FF14】侍の始め方をざっくり解説

侍のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

侍ジョブ開始クエスト

受注条件はファイター or ソーサラーLv50以上受注場所はウルダハ:ナル回廊(X:9.2 Y:9.1)、依頼人NPCは砂都の市民です。

刀装備は低レベルでもめっちゃカッコよいです。速攻でクリアして侍になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】侍Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 刃風
  • 陣風
  • 心眼
  • 鳳蝶
  • 燕飛
  • 士風
  • 風雅
  • 月光
  • 居合術
  • 満月
  • 花車
  • 桜花
  • 雪風
  • 明鏡止水

Lv50の侍の場合、まだ必殺剣は覚えていません。ですので、使用するのはメインのコンボと居合術という形になります。トドメに鳳蝶はお決まりの流れといって良いかと思います。

スポンサーリンク




【FF14】侍Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 必殺剣・回天
  • 必殺剣・暁天
  • 必殺剣・夜天
  • 慈眼
  • 黙想

Lv60の侍の場合、まだスキル回しにさほど変化はありません。

剣気が貯まりしだい、コンボの合間に必殺剣・回天を挟むイメージですね。回天以外のの必殺剣は威力が弱く、回天以上の貢献をすることはないでしょう。

必殺剣・回天は火力の高いコンボ最後のスキル(月光 or 花車)もしくは居合術(乱れ雪月花)発動前に使用していきましょう。

慈眼はHP回復スキルです。さらに敵視を20%下げる為、基本的にピンチの時に使用することになると思います。黙想は剣気を上昇させますが、アクションや移動で解除されてしまうので正直全く使えません・・・。

【FF14】侍Lv70のスキル回しをざっくり解説余談~

ちなみに、雪月花シンボルや剣気ゲージについてはシンプルなタイプが追加されています。ちょっと見づらくて困っている・・・そんな方は変更してみると良いかもしれませんね。

侍は武器が非常にカッコイイので、見た目的にもテンションの上がるジョブだと思います。ぜひぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。