GUIDE

【FF14】占星術師Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は占星術師Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

占星術師のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】占星術師Lv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

占星術師の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

この合間に、魔法攻撃系・バフ系・デバフ系を隙を見て発動していくイメージです。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

回復に余裕があれば、マレフィガで応戦しても良いでしょう。

占星術師最大の特徴であるカード系についてはスキルもかなり豊富で、追加効果も重要なものが多いです。

少しずつでも構いませんので、ゆっくり覚えていきましょう。

覚える順を把握していればスムーズかと思いますので、ぜひ参考にしていってくださいね。

【FF14】占星術師Lv70のスキルをざっくり解説~回復系~

回復系スキル一覧
  • ベネフィク
  • ヘリオス
  • アセンド
  • ディグニティ
  • ベネフィラ
  • アスペクト・ベネフィク
  • アスペクト・ヘリオス
  • シナストリー
  • アーサリースター
  • ステラデトネーション

回復系のスキルは種類も豊富です。

まずは各スキルがの回復量詳細を見比べてみましょう。

スキル名 回復量 消費MP リキャスト
タイム
効果範囲
ベネフィク 400 480 2.5 単体
ベネフィラ 650 1080 2.5 単体
アスペクト・ベネフィク 200(継続140) 1440 2.5 単体
ディグニティ 400 40 単体
シナストリー 他スキルの40% 90 単体
ヘリオス 300 1440 2.5 範囲
アスペクト・ヘリオス 継続40 1800 2.5 範囲
アーサリースター 540 or 720 60 範囲
ステラデトネーション 540 or 720 5 範囲
アセンド 蘇生(衰弱) 3600 2.5 単体

 

ベネフィク&ベネフィラ

まず、最初に覚えるベネフィクについては、15%の確率でベネフィラの効果がアップします。

なので、ベネフィクとベネフィラはセットで覚えていきましょう。

ちなみに、ベネフィラの効果アップが無い場合、ベネフィクとベネフィラはMP消費率的にどちらが効率良いかというと、ベネフィクのほうが効率が良いです。

回復量5200時(ベネフィク詠唱13回分、ベネフィラ詠唱8回分です)、ベネフィクのMP消費量は6240、ベネフィラのMP消費量は8640になります。

ヒーラーとしてMPのコントロールは常に必要ですので、こういうところを理解してプレイしていくとMP切れにならずにすむかと思います。

ですので、普段はベネフィク、ピンチの時だけベネフィラを使用していきましょう。

アスペクト・ベネフィク&アスペクト・ヘリオス

アスペクト・ベネフィクとアスペクト・ヘリオスは別カテゴリーにあるダイアーナルセクトを使用したうえで使ってください。

ダイアーナルセクトの追加効果によるHPの継続回復が、ヒーラーとして重宝されます。

ノクターナルセクトはあまり使う機会はありません。

開幕時にタンクがきちんと待機してくださっているならば、最初のプロテスと合わせて張る機会はあるかと思います。

流れとしては、このような形になると思います。

バリアを張り、カードの準備をして最後にタンクに継続回復をかける、というイメージです。

私は、ダイアーナルセクトから始めてすぐにアスペクト・ベネフィクをかけちゃってます。

このバリア、思ったより早く剥がれちゃうんですよね・・(;・∀・)

ですので、あまり無理せず回復重視でいきましょう。

なお、ヒーラーとしてメインで使用する回復スキルは、ベネフィクベネフィラアスペクト・ベネフィクになると思います。

MP切れに注意して生き残りましょう!

ディグニティ

ディグニティは、無詠唱で回復できるのが強みです。対象の残りHPが少ないほど回復力は上昇します。ピンチの時はシナストリーを併せて使用すると良いでしょう。

シナストリー

シナストリーは自身またはPTメンバーに単体回復魔法を使用した場合、対象となったメンバーのHPをその回復量の40%分回復させるスキルです。

つまり、回復力の高いスキルと合わせる必要のあるスキルということですね。表で見比べると分かりますが、この場合ベネフィラが一番効果の高い単体回復魔法です。

ですので、ベネフィラ効果アップ中にベネフィラを使用するのが理想かと思います。他の使い方としては、ピンチの時にディグニティと合わせるのも一つの手段です。無詠唱の為、重宝する手法ですね。

なお、全体回復魔法に対しては効果発動されませんのでご注意ください。

アーサリースターとステラデトネーション

アーサリースターとステラデトネーションは回復と攻撃を兼ね備えたスキルです。

アーサリースターを使用後は星の支配者が付与されます。

星の支配者は効果時間10秒ですが、その効果時間を超えると巨星の支配者が付与されます。

巨星の支配者状態のほうが威力・回復共に上昇する為、ステラデトネーションの使用は基本10秒後にしたほうが良いでしょう。

アセンド

ヒーラー特有の蘇生スキルです。

ロールアクション系にある迅速魔とセットで使用していきましょう。

アセンド単体での使用は詠唱に8秒もかかってしまう為、PTメンバーを全滅させてしまう危険も出てきます。

迅速魔が使用できない場合、倒れたメンバーを起こさずに他のPTメンバーの回復に専念してPTメンバーの状態を整えるというのも一つの手です。

状況に合わせて対応していきましょう。

【FF14】占星術師Lv70のスキルをざっくり解説~カード系~

カード系スキル一覧
  • ドロー
  • アルカナ破棄
  • ロイヤルロード
  • ロイヤルロード破棄
  • キープ
  • キープ破棄
  • リドロー
  • マイナーアルカナ
  • スリーヴドロー
  • アーゼマの均衡
  • 世界樹の幹
  • オシュオンの矢
  • ハルオーネの槍
  • サリャクの水瓶
  • ビエルゴの塔
  • クラウンロード
  • クラウンレディ

カード系のスキルは17種存在します。

カード自体はアルカナと呼ばれています。

ドローでアルカナを引くと、以下カードが表示されます。

タンク向け

  • 世界樹の幹
  • ビエルゴの塔

ヒーラー向け

  • サリャクの水瓶
  • ハルオーネの槍

DPS向け

  • アーゼマの均衡
  • オシュオンの矢
  • ハルオーネの槍

これらカードを各キャラクターへ向けて発動するというのが基本的な流れです。

タンク用、ヒーラー用、DPS用に分けることができるので、下記を参考にしてみてください。

ハルオーネの槍はクリティカル発動率のアップなので、ヒーラー・DPS共に必要ということになります。

不要なカードであればアルカナ破棄、とっておきたければキープ、やり直したいならリドロー、ロイヤルロードで次回カードの効果アップも選択肢として考慮していきます。

ロイヤルロードで次回カードの効果アップの準備をしておく形が理想ですね。

キープ破棄やロイヤルロード破棄というスキルがあるので、こちらも不要なら削除が可能です。

ロイヤルロードの効果は非常に有効なスキルですので、しっかり覚えていきましょう。

ロイヤルロード効果

使い道は様々です。

ビエルゴの塔はロイヤルロードでのみ使うことになると思います。

意外と使わない残念スキルです・・。

スリーヴドロー

スリーヴドローは完全運任せのスキルですね。

そのまま使えばキープやロイヤルロードの分の準備時間が無くなるのが利点です。

運が良ければ・・・というかなりお遊び要素の高いスキルですが、既にセットされているスロットへの上書きはありませんので、時間短縮に利用できると思います。

アーゼマをキープしている時が使い時、そんなイメージです。

不要なカードがセットされた場合は破棄してしまいましょう。

マイナーアルカナ

最後にマイナーアルカナですが、こちらも攻撃か回復か運しだいの為調整が難しいです。

マイナーアルカナはクラウンロードかクラウンレディへ変化します。

あまり期待せず使用していく流れになるとは思いますが、クラウンロードもクラウンレディも効力自体は高いです。

ビエルゴの塔など、不要なカードを引いてしまった場合は迷わず使用していきましょう。

こうして読んでいると分かるかと思いますが、占星術師は運要素がかなり高いです。

私はハンターハンターのカイトのように思えてテンション上がりますけどね!

『3秒後に上に飛べ』とか言いたいなぁ!※分からない方ごめんなさい(>_<)

スポンサーリンク




【FF14】占星術師Lv70のスキルをざっくり解説~魔法攻撃系~

魔法攻撃系スキル一覧
  • グラビデ
  • マレフィガ

上記2種のスキルは、ロールアクションにてクルセードスタンスを使用していきましょう。隙あらばバンバン撃ってください。

グラビデ

グラビデは占星術師唯一の範囲系攻撃魔法です。

2体目以降の対象への威力は10%ずつ減少、最低50%まで減少します。目安としては、3対以上敵に囲われている時に使用するイメージです。

MP消費も1920と高めなので、回復スキルを使用する分のMPは確保したうえで使用していきましょう。

 

マレフィガ

マレフィガは占星術師唯一の単体魔法攻撃系スキルです。

戦闘開始直後など、回復に余裕がある時に使うことになるでしょう。攻撃する余裕が無い方は、恐らくカードと回復でイッパイイッパイになってるんだと思います。

カテゴリーで分けたり、流れを分割して木人練習してみると攻撃する余裕ができると思います、ファイトです(`・ω・´)ゞ

【FF14】占星術師Lv70のスキルをざっくり解説~バフ系~

バフ系スキル一覧
  • ライトスピード
  • ダイアーナルセクト
  • ノクターナルセクト
  • ダイレーション
  • 運命の輪
  • 星天対抗

ダイアーナルセクト

このカテゴリーで最も重要なスキルはダイアーナルセクトです。

前述しておりますが、このスキルは敵視上昇も抑え、さらにアスペクト・ベネフィクやアスペクト・ヘリオスの追加効果を発動できるPT必須のスキルとなります。

戦闘中の場合、ノクターナルセクトへの切り替えはできませんので、この点に注意してください。

運命の輪の発動条件も、ダイアーナルセクト効果中もしくはノクターナルセクト効果中のみなので気を付けてくださいね。

ノクターナルセクト

ノクターナルセクトはの特徴はバリアー付与です。

ダイアーナルセクトと併用する場合、敵との戦闘開始前にノクターナルセクトを使用します。

その後、アスペクト・ベネフィクやアスペクト・ヘリオスの追加効果によりバリアーを付与します。

上記準備を終えた後、ダイアーナルセクトと切り替えて戦闘開始します。

余裕がある時の戦闘方法ですね。

運命の輪

運命の輪は範囲内のptメンバーへの継続回復と被ダメージ10%軽減の効果があります。

他のスキルを使用したり移動を行うと即解除されるので注意してください。

ダイレーション

ダイレーションはパーティメンバー一人を対象として、付与した強化効果の効果時間を15秒延長させます。

ロイヤルロードによるカード強化と、ダイレーションによるカード時間延長はDPS補助の要となるでしょう。

星天対抗

注目すべきは自身を含む周囲のパーティメンバーに付与した強化効果の効果時間を10秒延長させる効果があるということです。

延長可能なスキルは下記の通りです。

星天対抗にて延長可能なスキル一覧
  • ライトスピード
  • シナストリー
  • 運命の輪
  • バリア効果時間
  • カード保持時間
  • カード効果時間
  • 迅速魔・堅実魔保持時間
  • プロテス
  • 食事、薬品、スプリント効果時間

なお、このスキルは周囲の敵をスタンさせます。

タゲを取ってしまわぬよう、状況に応じてしっかり注意したうえで使っていきたいスキルですね。

スポンサーリンク




【FF14】占星術師Lv70のスキルをざっくり解説~デバフ系~

デバフ系スキル一覧
  • コンバラ

コンパラ

これは余談ですが、スキルの一覧にはコンパスとコンパラが用意されていると思います。

ですが、実際セットしてみるとコンパラしか撃てない仕様になっています。

二重にできるのかなぁ・・・なんて甘い妄想は叶いませんでした(; ・`д・´)

マレフィクもマレフィラに変化した後最終的にマレフィガに変化しています。

別のジョブのスキルにおいても、上位互換のスキルを覚えると上位のスキルで上書きされるようです。

公式サイトのジョブページにおいて、特性という項目についての説明がありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

【FF14】占星術師Lv70のスキルをざっくり解説~ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • クルセードスタンス
  • プロテス
  • ルーシッドドリーム
  • 迅速魔
  • エスナ

おすすめのロールアクション系スキルは上記5種になります。

余裕ができたらクルセードスタンスを使用してDPS貢献、エスナを使用してPTメンバーのデバフ解除を意識、敵視が高くなり攻撃されてしまったら即ルーシッドドリームで敵視半減など、状況に応じて対応してください。

スポンサーリンク




【FF14】占星術師の始め方をざっくり解説

占星術師のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

占星術師ジョブ開始クエスト

受注場所はイシュガルドの上層(X:15.2 Y:10.0)、依頼人NPCはジャンヌキナルです。

受注条件はファイター・ソーサラーLv50以上です。

速攻でクリアして占星術師になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】占星術師Lv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • マレフィク
  • ベネフィク
  • コンバス
  • ライトスピード
  • ヘリオス
  • アセンド
  • ディグニティ
  • ベネフィラ
  • ドロー
  • ダイアーナルセクト
  • アルカナ破棄
  • アーゼマの均衡
  • 世界樹の幹
  • オシュオンの矢
  • ハルオーネの槍
  • サリャクの水瓶
  • ビエルゴの塔

占星術師はLv30からスタートします。

基礎的なスキルは最初から覚えていますので、多少はやりやすいでしょう。

現段階ではベネフィク効果アップは付与されない為、基本的にはベネフィクでHP回復を試みます。

ディグニティも覚えているので、ピンチの時はディグニティとだけ覚えておけば大丈夫でしょう。

範囲回復魔法であるヘリオスを使用する機会はあまりありません。というより、Lv30の段階でヘリオスを使用する癖をつけてしまうとすぐMP枯渇してしまうので意識的にヘリオスの使用頻度を減らしておくと後々楽になると思います。

占星術師のメインであるカードについてはこの段階で使用可能ですので、カードについては今のうちに使用目的を覚えておくと良いでしょう。なお、アルカナ破棄は現段階では使用しません。

アーゼマがでたらDPSが喜ぶ。

この点だけでも覚えておくと良いでしょう。

ドローし直すリドローというスキルはLv30ではまだ使用できないので、カードを引いたらすぐ使うのがLv30での戦闘方法になります。

ダイアーナルセクトも忘れず使用してくださいね。

【FF14】占星術師Lv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • アスペクト・ベネフィク
  • ロイヤルロード
  • ロイヤルロード破棄
  • キープ
  • キープ破棄

占星術師Lv40になると、占星術師において必須スキルであるアスペクト・ベネフィクを使用できるようになっています。

ダイアーナルセクトと合わせることで、アスペクト・ベネフィクは、継続回復魔法としての役割を持つようになります。タンクには常時付与してみてください。

さらに、この段階でベネフィク効果アップが付与されるようになります。

ベネフィク効果アップ中はベネフィクを使う意識を持ってプレイしてみましょう。回復にだいぶ余裕が出ると思います。

ただし、アスペクト・ベネフィクを全員に付与するのはMP枯渇の原因になるので付与するキャラには目星をつけておきましょう。

さらに、Lv40になるとキープというスキルも使用できるようになります。

このスキルはカードを保持するスキルです。IDなどで次の敵と対峙する前にドロー&キープ、対峙した際再度ドローして二種のカードを発動させるという流れでスキルを使用していきます。

キープ後に再度ドローした場合、運が良ければアーゼマの均衡×オシュオンの矢など火力アップに繋がります。

さらにロイヤルロードというスキルも使用可能になります。このスキルは各カードの効果を変化させます。占星術師において重要な役割を持ちますので、変化の内容は全て覚えておくと良いでしょう。

基本的には、ロイヤルロードを使用して効果をアップさせてからカード効果を発動していきます。

ざっくりまとめると、アスペクト・ベネフィクベネフィクによる回復強化とキープやロイヤルロードによるカード利用頻度の増加がLv40の占星術師の特徴ということになります。

スポンサーリンク




【FF14】占星術師Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • アスペクト・ヘリオス
  • リドロー
  • コンバラ
  • ノクターナルセクト
  • シナストリー

占星術師Lv50になると、ノクターナルセクトが使用可能になります。

これは主に、戦闘開始前にバリアーを張る為だけに使用することになるでしょう。

バリアーを張ったら即ダイアーナルセクトに変更してアスペクト・ベネフィクをタンクにかけてあげてください。

この段階でシナストリーを覚えますが、シナストリーはピンチの時用に残しておいてくださいね。

例えばですが、ピンチの時にタイミング良くベネフィク効果アップが付与されていた場合、回復量は下記の通り大幅にアップします。

【1】通常回復の場合・・・ベネフィク+ベネフィラ+ディグニティ

回復力:400+650+400=1450

【2】シナストリーを挟んだ場合・・・ベネフィク+シナストリー+ベネフィラ+ディグニティ

回復量:400+650×1.4×1.4+400=2074

その差なんと624です。

この差を知っているといないのとでは大違いですよね。

ちなみに650×1.4×1.4と二回1.4で掛けていますが、そのうちの一つはシナストリーです。もう一つはクリティカルヒットの威力が140%なので、1.4としています。

つまりLv50になると、ピンチの時の対応力が上がるのです。

さらに、この時点でリドローも使用可能になります。

リドローは不要なカードを引いてしまった場合、カードを引き直すことが可能になるスキルです。

リドローによる影響はかなり大きいです。

リドローからキープ・ロイヤルロードへと回していくので、カードを引くのもどんどん楽しくなってくるでしょう。

この辺りから少しずつ忙しくなってきますが、頑張ってくださいね。

【FF14】占星術師Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • グラビデ
  • マレフィラ
  • ダイレーション
  • 運命の輪
  • 星天対抗

占星術師Lv60の特徴は、ダイレーション星天対抗によるカード効果時間の延長が可能になった点にあります。

これらにより最大10~15秒カード効果が延長可能となります。

ルーシッドドリームと合わせて使用すると良いでしょう。

元々のカードの効果時間は30秒ですから、かなりの影響があります。

この段階でカードに対するプレイ方法はほぼ固まるので、スキル配置もしっかり決めておくと良いでしょう。

【FF14】占星術師Lv70のスキル回しをざっくり解説~余談~

さて、占星術師編はいかがだったでしょうか。

占星術師は運要素が強いので、ゲームをゲームとして楽しむ方には向いてるんじゃないかなって思います。

私は『なんとなくだけどかっこいい!』という適当さで占星術師を始めました(笑)

武器によりますが、武器の中心で回る球体も非常に好みです。

スキルから服装まで見た目ばっちりなのでぜひ楽しんでいただきたいです。

ちなみにエスナを使用する場合、どのアイコンがデバフなのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

アイコンについては別記事にて解説していますので、分からない方は下記をご覧ください。

【FF14】バフとデバフのアイコン表示の違いについて

 

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。