GUIDE

【FF14】白魔導士Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は白魔導士Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

白魔導士のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】白魔導士Lv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

白魔導士の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

基本は回復系をメインに、バフやデバフを付与していく形です。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

Lv70の白魔導士の場合6番目以降は回復になるわけですが、白魔導士の要はケアル効果アップヒーリングリリーインドゥルゲンティアに繋げていくことにあります。

後述するケアルケアルラメディカメディカラの計4種のスキルが他のスキルと連動している為、繋げて考えていく必要があるということですね。

なお、回復スキルの多用による多量のMP消費やヘイト増大時は、ルーシッドドリームによる敵視半減とMPの継続回復でピンチを回避しましょう。

エスナは必ずスキル配置しておいてください。

回復時のスキルの流れの例は下記のようになります。

当然ですが、範囲系を連打すればMPが一気に枯渇してしまいます。

②に記載されているスキルの流れの合間に別のスキルを挟んでMPの回復を待ちながら最後のスキルに繋げていく形をイメージしてください。

さらにヒーラーは、デバフの解除の為に常にメンバーのステータスをチェックすることになります。

なかなか大変なジョブなのです。

私もこの間、自分のへたれっぷりにもっと頑張らねばと思ったばかりです。

PTメンバーの足を引っ張らないようにプレイしていきましょうっ(`・ω・´)

【FF14】白魔導士Lv70のスキルをざっくり解説魔法攻撃系~

魔法攻撃系スキル一覧
  • ホーリー
  • ストンジャ

ストンジャ

ストーン系はレベルにつれて下記のように上位互換されていきます。

ストーンストンラストンガストンジャ

60Lvの人が使用するのはストンガです。

ホーリー

ホーリーは範囲魔法攻撃ですが、追加効果として対象をスタンさせてしまう為、PTプレイでは気を付けたほうがよいでしょう。

【FF14】白魔導士Lv70のスキルをざっくり解説回復系~

回復系スキル一覧
  • ケアル
  • メディカ
  • レイズ
  • ケアルラ
  • リジェネ
  • ケアルガ
  • メディカラ
  • ベネディクション
  • アサイラム
  • アサイズ
  • テトラグラマトン
  • インドゥルゲンティア

回復系のスキルは種類も豊富です。

まずは各スキルがの回復量詳細を見比べてみましょう。

スキル名 回復量 消費MP リキャスト
タイム
範囲 追加効果
ケアル 450 600 2.5 単体
ケアルラ 700 1200 2.5 単体
ケアルガ 550 2280 2.5 範囲
メディカ 300 1680 2.5 範囲
メディカラ 200(継続50) 2040 2.5 範囲
リジェネ 150(継続) 840 2.5 単体
アサイラム 100 90 エリア内
アサイズ 300 60 範囲
テトラグラマトン 700 60 単体
インドゥルゲンティア 150/300/450 30 範囲
ベネディクション HP全回復 180
レイズ 蘇生(衰弱) 3600 2.5 単体

表で見ると分かりやすいですね。

単体で回復させたいならケアルケアルラ、範囲ならケアルガメディカメディカラを使用していきます。

後述しますがケアルとケアルラを使用した場合、ヒーリングリリーが付与されます。

ヒーリングリリーは基本3つ付与させてから上記4種のスキルを使うと良いでしょう。

つまり、ケアルorケアルラを3回使用したら下記4種のうちどれかのスキルを使うということです。

  • アサイラム
  • アサイズ
  • テトラグラマトン
  • ディヴァインベニゾン※詳細はバフ系スキルにて記載します。

ちなみに詠唱時間の短縮量についてですが、リキャストタイムが30秒なら6、60秒なら12秒、90秒なら18秒短縮されます。

使いやすさを考えるならアサイズですが、リキャストタイムを考慮するならアサイラムも一つの手ということになりますね。

続いてメディカやメディカラを使用する場合ですが、インドゥルゲンティアというステータスが付与されます。

3スタック時の回復時は450ですので、メディカやメディカラを使用する時も3回を目安にしてみると良いでしょう。

まとめると、ヒーリングリリーはリキャストタイム短縮によって回復量促進、インドゥルゲンティアは実際に回復量増加するということです。

どちらも3回使用したら良いという点は同じですので、分かりやすいかと思います。

ケアル

ケアルには、ケアルラ消費MPを0にする追加効果が発動する場合があります。

さらに、ケアルやケアルラを使用した場合、ヒーリングリリーというステータスも付与されます。

これは、シークレットリリーという特性によるステータスです。

付与されているヒーリングリリーの数に応じて、アサイラムアサイズテトラグラマトンディヴァインベニゾンリキャストタイムを短縮させることができます。

さらにシークレットリリーIIという特性もあり、ケアルやケアルラのクリティカルヒット時に対して、アサイラムおよびアサイズのリキャストタイムを5秒短縮ます(発動確率20%)。

ケアルやケアルラの使用は他の回復魔法を使用するにあたってかなり影響があるので、注意して見てみてくださいね。

メディカ

メディカは、自身や周囲のパーティメンバーのHPを回復します。

MP消費が激しいので使用頻度は下げておきましょう。

ケアルラ

ケアルラは使用することでヒーリングリリーが付与されます。

ヒーリングリリーの付与により一部魔法に追加効果が発動しますので、ヒーリングリリーの付与状況は常にチェックしておきましょう。

リジェネ

リジェネは継続回復魔法です。

タンクに付与してHP管理の負担を減らしておきましょう。

ケアルガ

範囲系にはメディカも存在しますが、MP消費率的にどちらが効率良いかというと、ケアルガのほうが効率が良いです。

これは単純に、回復量を合わせて比率で見比べた結果です。

回復量3300時(メディカ詠唱11回分、ケアルガ詠唱6回分です)、ケアルガのMP消費量は13680、メディカのMP消費量は18480になります。

範囲系はなかなか連発できるスキルではありません。

ヒーラーとしてMPのコントロールは常に必要ですので、こういうところを理解してプレイしていくとMP切れにならずにすむかと思います。

ですので、普段はケアルガ、ピンチの時だけメディカを使用していきましょう。

メディカラ

メディカラは自身や周囲のPTメンバーのHPを回復し、さらに対象のHPを継続回復します。

MP消費がかなり激しいので、ピンチの時に使用するスキルとなるでしょう。

ベネディクション

ベネディクションは対処のHPを全回復させます。

タンクがピンチの時に使うスキルですね。

アサイラム

アサイラムは地面にヒールエリアを生成し、範囲内の対象者を回復させます。

継続回復ではないので注意してくださいね。

アサイズ

アサイズは自身の周囲の敵に対して無属性範囲魔法攻撃を行います。

追加効果として自身と周囲のPTメンバーのHPを回復し、さらに自身のMPを最大MPの10%分回復します。

ヒーリングリリーの付与数に応じて使用していくと良いでしょう。

テトラグラマトン

テトラグラマトンは対象のHPを回復します。

回復力は700とケアルラと同等の回復力があり、さらにMP消費されないスキルです。

MP消費を防ぐために常時使用するか、ピンチの時用に残しておくか。

戦闘状況に合わせて使用していくことをおすすめします。

インドゥルゲンティア

メディカメディカラを使用した場合、インドゥルゲンティア(ステータス)が付与されます(紛らわしいですが、スキルとステータスは同名です。)。

このステータスが付与されているメンバーに対してのみ、インドゥルゲンティア(スキル)は発動します。

さらにこのステータスのスタック数に応じてインドルゲンティアの回復力は変化します。

 

最初はケアル・ケアルラからの連携のみ考えて練習してみると良いでしょう。

スポンサーリンク




【FF14】白魔導士Lv70のスキルをざっくり解説デバフ系~

デバフ系スキル一覧
  • アクアオーラ
  • リポーズ
  • エアロラ
  • エアロガ

アクアオーラ

アクアオーラは対象を15mノットバック+バインドします。

あまり使う機会はないかもしれません。

リポーズ

リポーズは睡眠付与なので、敵に囲まれた時に使用してください。

エアロラ

エアロ系はレベルが上がるにつれ上位互換スキルのみ使えるようになり、エアロはエアロラへ変化、エアロは使用不可となります。

エアロガ

エアロがは範囲系魔法攻撃です。

エアロラとエアロガの違いについて

エアロラの最大ダメージ数は350、エアロガの最大ダメージ数は370です。

そしてエアロラは単体系魔法、エアロガは範囲系魔法となります。

複数体の敵を相手にする場合、総ダメージ量的にみるとエアロガを使用すべきでしょう。

とはいえ、エアロラは無詠唱スキル、エアロガは2.5秒の詠唱時間があります。

筆者の場合、敵の個体数が1体ならエアロラ、2体以上の敵がいるならエアロガにしています。

継続ダメージ付与に対する時間は最小限に抑え、別のスキルを使用するイメージですね。

【FF14】白魔導士Lv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • 神速魔
  • シンエアー
  • ディヴァインベニゾン

神速魔&シンエアー

神速魔・シンエアーはピンチの時に使っていく形になるでしょう。

範囲回復系のケアルガやメディカラなど、消費MPの多いスキルで使用するイメージです。

シンエアーにより魔法消費MPを0とし、神速魔で魔法のキャストタイムとリキャストタイムを20%短縮させます。

ディヴァインベニソン

戦闘前の準備として、タンク様に使用しましょう。

リキャストタイムが短いので、けっこうな頻度で使うことになると思います。

【FF14】白魔導士Lv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • プロテス
  • エスナ
  • ルーシッドドリーム
  • 迅速魔
  • 慈愛

今回すすめるスキルは上記5種となります。

特に慈愛は回復量を20%アップするので重要なスキルですね。

エスナはPTメンバーの状態異常を解除するので必ずセットしてください。

ちなみにロールアクションについては、非戦闘状態になれば別のスキルに入れ替えが可能です。

プロテスを別のスキルへチェンジするなど、興味がある方はやってみると良いでしょう。

スポンサーリンク




【FF14】白魔導士の始め方をざっくり解説

白魔導士のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

白魔導士ジョブ開始クエスト

受注場所はグリダニア:旧市街(X:6.0 Y:10.6)、依頼人NPCはエ・スミ・ヤンです。

受注条件は幻術士Lv30以上です。

白魔導士はヒーラーの王道とも云えるジョブです。

サラっとクリアして白魔導士になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】白魔導士Lv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ストーン
  • ケアル
  • エアロ
  • メディカ
  • レイズ
  • アクアオーラ
  • ストンラ
  • リポーズ
  • ケアルラ
  • 神速魔

Lv30の白魔導士の基本的なスキル回しは上記のような流れとなります。

PTメンバーが全体的にダメージを受けているようであればメディカ、タンクがピンチの時はケアルラを唱えます。

ケアル使用時のケアル効果アップの効果はLv32になってから発動するようになりますので、現段階ではケアルラはあまり使用しないスキルとなるでしょう。

【FF14】白魔導士Lv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • リジェネ
  • ケアルガ

Lv40の白魔導士の場合、ケアル使用時のケアル効果アップの効果が発動するようになります

スキルを回す際の戦闘の準備としてタンクに対するリジェネが追加され、かつピンチの時の全体向け回復魔法としてケアルガを使用する流れになります。

白魔導士としてリジェネやケアルガを使用できるようになることはつまり、ファイナルファンタジーをプレイするうえで最も有名で有用なスキルを使えるようになったということです。

周りにバレないようにこっそりテンション上げてプレイしていきましょう(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク




【FF14】白魔導士Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ホーリー
  • エアロラ
  • メディカラ
  • ベネディクション

白魔導士Lv50になると、範囲系魔法攻撃であるホーリーが追加されます。

さらに、エアロはエアロラへ上位変換されます。

さらにHPを完全回復するベネディクションや、範囲系継続回復魔法であるメディカラも覚えます。

ベネディクションやメディカラはピンチの時用にとっておきましょう。

特にメディカラを連発すると、あっという間にMPが枯渇してしまいます。

白魔導士Lv50以降は回復魔法の種類もかなり増えてきます。

使用用途を意識しておかないと、MP消費率は高まる一方です。

このぐらいのLvから前もってMP消費率について検討しておくと、Lv70になった時にMP消費率で苦しまないで済むかもしれません。

回復系のカテゴリーに回復系魔法の一覧を表にして記載していますので、どういう時に使用するスキルなのかチェックしてみると良いでしょう。

【FF14】白魔導士Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • アサイラム
  • ストンガ
  • アサイズ
  • エアロガ
  • テトラグラマトン

Lv60の白魔導士の最大の特徴は、Lv52のジョブクエストにて付与されるシークレットリリーという特性にあります。

このシークレットリリーという特性は、自身にヒーリングリリーを付与するというものになります。

付与されているヒーリングリリーの数に応じて、アサイラム、アサイズ、テトラグラマトン、ディヴァインベニゾンのリキャストタイムを短縮させるのですが、ヒーリングリリーの付与数が1なら4%、2なら10%、3なら20%短縮してくれます。

ヒーリングリリー数が2・3時の短縮率は恩恵も大きく、戦闘にかなり影響が出るでしょう。

Lv60以降の白魔導士は、このヒーリングリリーの付与数をチェックしながらヒーラーとして戦闘していくことになるのです。

ヒーリングリリーの付与条件はケアルもしくはケアルラを使用することにありますので、メディカやメディカラ、リジェネ、ベネディクションなどのスキルよりも利用頻度を上げる形をイメージしてプレイしてみてください。

とはいえ、慣れていない方についてはそこまで難しく考えなくてもよいでしょう。

ケアルやケアルラ以外のスキルは基本的にはピンチの時に連打する!!!

くらいで最初はいいと思います。

一度考え無しでMPバンバン消費して、PTメンバーのHPがごっそり消えていくのをただ眺める瞬間を見るのも悪くないかもしれません。(以後MP消費率の重要性に気付いて改善していただけるならという意味で・・)

少しずつ使用するスキルの回し方の幅を広げていってくださいね。

ちなみにストンガとストンラの違いについてですが、威力が10上がるだけですが一応上位変換されたスキルとなります。

【FF14】白魔導士Lv70のスキル回しをざっくり解説余談~

さて、白魔導士編いかがだったでしょうか。

ちなみにエスナを使用する場合、どのアイコンがデバフなのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

アイコンについては別記事にて解説していますので、分からない方は下記をご覧ください。

【FF14】バフとデバフのアイコン表示の違いについて

 

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。