GUIDE

【FF14】学者Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は学者Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

学者のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】学者Lv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

学者の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

基本は回復系をメインに、バフやデバフを付与していく形です。

余裕がある時だけ攻撃を行います。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

学者の本分は回復ですから、まずは回復を極めていきましょう。

個人的には、フェアリーを移動させるだけで楽しんだりもしてますけどね。

【FF14】学者Lv70のスキルをざっくり解説魔法攻撃系~

魔法攻撃系スキル一覧
  • ルイン
  • エナジードレイン
  • ルインラ
  • 気炎法
  • 魔炎法

ルイン & 気炎法 & 魔炎法

ルインとルインラの違いは詠唱時間の有無です。ダメージに違いはありません。

ジョブクエストにより、ルインは気炎法、気炎法は魔炎法に変化します。

つまり、威力100のルインが威力190へ変化、最終的には230に変化するということです。

ただし、MP消費は240から720へと変わっているので、余裕ある時に使う形となるでしょう。

エナジードレイン

エナジードレインは与ダメージの一部をHPとして吸収+自身のMPも回復するスキルです。

エーテルフローはメインで使用するスキルですので、エナジードレインも戦闘時の状況に合わせて使用していきましょう。

ルインラ

ルインと威力が同じですがMPは倍消費します。

無詠唱で使用できますが、使いどころはあまりないスキルですね。

【FF14】学者Lv70のスキルをざっくり解説デバフ系~

デバフ系スキル一覧
  • バイオラ
  • ベイン
  • ミアズラ
  • シャドウフレア
  • 連環計

バイオラ

バイオラは継続ダメージを付与します。

威力はミズアラより高い為、戦闘時はバイオラを先に詠唱することになるでしょう。

ミズアラ

ミズアラは継続ダメージを付与します。

バイオラの次に付与、その後周囲に敵がいればペインを発動する流れとなります。

ペイン

ペインはバイオラやミズアラの効果を周囲に拡散させるスキルです。

最初に敵に使用するスキルですね。

シャドウフレア

シャドウフレアはバイオラを地面に設置したものとイメージしていただけると分かりやすいかと思います。

連環計

連環計はクリティカルヒットを受ける確率15%上昇です。

使えるようになったらすぐ発動するスキルですね。

スポンサーリンク




【FF14】学者Lv70のスキルをざっくり解説召喚系~

召喚系スキル一覧
  • サモン
  • サモンII
  • サステイン
  • ラウズ
  • エーテルパクト
  • フェイユニオン解除
  • 光の癒し(フェアリー・エオス)
  • 光の囁き(フェアリー・エオス)
  • フェイコヴナント(フェアリー・エオス)
  • フェイイルミネーション(フェアリー・エオス)
  • 光の沈黙(フェアリー・セレネ)
  • フェイカレス(フェアリー・セレネ)
  • フェイウィンド(フェアリー・セレネ)
  • 帰還
  • 移動
  • 待機
  • 追従
  • インターセプト
  • ピース
  • フリーファイト
  • セミオーダー

サモン or サモンⅡ

学者のメインであるフェアリーについてですが、エオスを選択することをおすすめします。

光の輝きでの周囲に対する継続回復や、フェイイルミネーションの回復量増加、フェイコヴナントの魔法防御力上昇など、どれもヒーラーとして重宝するスキルです。

フェアリーについて

フェアリーにはまず、移動系のスキルと戦闘状態指示のスキルがあります。

  • 移動
  • 待機
  • 追従
  • 帰還

慣れないうちは追従を使うと良いでしょう。

慣れたら移動もチャレンジしてみてください。

ただしこの移動は、移動し終えないと次の行動をしなくなるという欠点があります。

移動で場所を指定しておくというのがセオリーということですね。

続いては戦闘状態についてです。

  • インターセプト
  • ピース
  • フリーファイト
  • セミオーダー

戦闘状態指示は初期状態だとフリーファイトになっていますが、セミオーダーに変更しておいてください。

光の癒し以外のスキルを使わなくなるので、調整しやすくなると思います。

慣れるまではフリーファイトでも構わないかもしれません。

ですが必要以上に行動してしまう可能性もあるので、セミオーダーは頑張って指示していきたいところですね。

また、インターセプトやピースを使用することでフェアリーの行動をキャンセルすることもできます。

間違えることもあると思うので、この練習もしておくと良いでしょう。

次はフェアリーのスキルです。

  • サステイン
  • ラウズ

サステインは召喚中のフェアリーのHPを8%ずつ継続回復します。

ラウズはフェアリーの与ダメージと回復魔法の回復量40%上昇です。

ラウズはピンチの時に使用していく流れになると思います。

エーテルパクト & フェイユニオン解除

エーテルパクトはフェイユニオンを発動してくれます。

タンク様がピンチの時に使用すると思いますが、使用した場合フェアリーは他の行動が出来ません。

場合によっては解除する必要も出てくるので、念のためフェイユニオン解除のスキルは配置しておいてください。

【FF14】学者Lv70のスキルをざっくり解説回復系~

回復系スキル一覧
  • フィジク
  • リザレク
  • 鼓舞激励の策
  • 士気高揚の策
  • 生命活性法
  • 不撓不屈の策
  • 応急戦術
  • 深謀遠慮の策

まずは各スキルがの回復量詳細を見比べてみましょう。

スキル名 回復量 消費MP リキャストタイム 範囲
フィジク 400 600 2.5 単体
鼓舞激励の策 300+バリア 1560 2.5 単体
士気高揚の策 150+バリア 2040 2.5 範囲
生命活性法 600 1 単体
不撓不屈の策 500 エーテルフロー 30 範囲
応急戦術 鼓舞分 20 単体 or 範囲
深謀遠慮の策 800 45 単体(自分不可)
リザレク 蘇生 3600 2.5 単体

鼓舞激励の策や士気高揚の策はバリア、生命活性法や不撓不屈の策はフェイエーテルを貯めることが目的にあります。

ちなみにバリアというのは、鼓舞というステータスとして状態付与されます。

バリアという書き方が分かりずらい要因なので、注意してくださいね。

フェイエーテルとは、エーテルパクトを使用する為のステータスです。

どちらも意識して使用していくスキルになるでしょう。

戦闘初手として鼓舞激励の策を使用、その後の回復は基本フィジクを行うイメージです。

ピンチの時に生命活性法や不撓不屈の策を発動し、フェイエーテルを貯めてエーテルパクトによる継続回復を図ります。

MPに余裕があるなら、士気高揚の策で範囲バリアを張っておくのも良いでしょう。

フィジク

学者の回復メインスキルです。

MP調整をする為、常時発動します。

ピンチの時だけ別のスキルを使用するクセを付けておくと後々楽になるでしょう。

鼓舞激励の策

鼓舞激励の策は、回復量の100%分のダメージを軽減するバリアを付与します。

占星術師のノクターナルフィールド効果に対しては同時に付与されませんのでご注意ください。

士気高揚の策

士気高揚の策は、回復量の150%分のダメージを軽減するバリアを付与します。

占星術師のノクターナルフィールド効果に対しては同時に付与されませんのでご注意ください。

生命活性法

発動条件にエーテルフローがあります。

フェイエーテルを10上昇させますので、エーテルパクト発動準備の為に初期段階では遠慮せず使用しておきましょう。

不撓不屈の策

生命活性法同様、発動条件にエーテルフローがあります。

フェイエーテルを10上昇させますので、エーテルパクト発動準備の為に初期段階では遠慮せず使用しておきましょう。

応急戦術

1回の鼓舞効果を伴う回復魔法において、鼓舞を付与せずにその分を回復効果に置き換えて実行します。

ようするに、鼓舞激励の策士気高揚の策回復量が増すということですね。

回復量の変化は下記の通りです。

  • 鼓舞激励の策=回復量300→600
  • 士気高揚の策=回復量150→225

※なお、応急戦術は効果時間中に実行する必要がありますのでご注意ください。

深謀遠慮の策

深謀遠慮の策は、対象に対して、HPが50%を下回る or 効果時間経過により回復効果が発動するスキルです。

ピンチの時のタンクやヒーラー、黒魔導士など、HPに対して不安のあるキャラに対して重宝するスキルですね。

スポンサーリンク




【FF14】学者Lv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • エーテルフロー
  • 野戦治療の陣
  • 展開戦術
  • 転化
  • 連環計

エーテルフロー

エーテルフローというスキルを使用すると、エーテルフローが3つ付与されます。

転化というスキルでも同様に3つ付与されます。

この付与されたエーテルフローを消費するスキルは次の通りです。

一部前述しましたが、フェイエーテルを貯めるスキルも記載しておきましょう。

よく見ると、どちらも同じスキルですね。

つまり、エーテルフローを消費するスキルはそのままフェイエーテルを貯めてくれるということです。

フェイエーテルが貯まったらエーテルパクトを使用、そのままフェイユニオン発動。という流れになります。

フェイユニオンはフェイエーテルを消費し続けることになりますから、極力貯めた状態で使用すると良いでしょう。

フェイユニオンは解除もできますから、慣れてきた人はその調整もしていくとバッチリですね。

ちなみに、学者にはエーテルフローリキャストタイム短縮という特性があります。

エーテルフローを消費するアクションを実行すると、エーテルフローのリキャストタイムを5秒短縮してくれるのです。

元々のリキャストタイムは60秒もありますから、ガンガン使っていきたいですね。

野戦治療の陣

野戦治療の陣は地面設置型ダメージ軽減シールドです。

範囲内にいるパーティメンバーの被ダメージを10%軽減します。

なお、次に詠唱する士気高揚の策の消費MPを0にするという追加効果(発動確率20%)もあります。

他の地面設置系アクションとは同時に使用できませんのでご注意ください。

展開戦術

展開戦術はアイ・フォー・アイや鼓舞を対象の周囲のパーティメンバーに拡散してくれます。

付与されていない場合は効果ありません。

転化

転化は召喚しているフェアリーを帰還させることと引き換えにエーテルフローを付与します。

回復魔法効果も20%上昇させますが、効果中(30秒間)は再度フェアリーの召喚ができなくなります。

連環計

連環計は、対象クリティカルヒットを受ける確率を15%上昇します。

【FF14】学者Lv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • プロテス
  • エスナ
  • ルーシッドドリーム
  • 迅速魔
  • アイ・フォー・アイ

おすすめは上記5種となります。

エスナとプロテスは必須スキルです。

ルーシッドドリームは全ての敵視を半減させます。

さらにMPも継続回復されるので、タゲを取ってしまった時やピンチの時に重宝するでしょう。

アイ・フォー・アイは展開戦術にて効果拡散が可能な為、かなり助かりますね。

スポンサーリンク




【FF14】学者の始め方をざっくり解説

学者のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

学者ジョブ開始クエスト

受注場所はリムサ・ロミンサ:下甲板層(X:4.5 Y:11.2)、依頼人NPCはムリーです。

受注条件は巴術士Lv30以上です。

ささっと学者になってフェアリー召喚しちゃいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】学者Lv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ルイン
  • サモン
  • フィジク
  • エーテルフロー
  • エナジードレイン
  • ミアズマ
  • サモンII
  • サステイン
  • リザレク
  • バイオラ
  • ベイン
  • 鼓舞激励の策
  • 帰還
  • 移動
  • インターセプト
  • フリーファイト
  • 追従
  • 待機
  • ピース
  • セミオーダー
  • 光の癒し
  • 光の囁き
  • フェイコヴナント
  • 光の癒し
  • 光の沈黙
  • フェイカレス

Lv30の学者の場合、最初にフェアリー・エオスを召喚し、戦闘開始前にフェアリーを所定の位置へ移動させておきます。

その後は継続ダメージを付与させ、フィジクやルインなど、フェアリーの回復スキルも併せて使用していく形です。

ちなみにフェアリーのスキルはMP消費しません。

その為、回復スキルの使用頻度としては光の癒しが最も高くなるでしょう。

学者は最初からスキルの流れが難しい為、最初にまずフェアリーの移動から練習していくと良いでしょう。

慣れればセミオーダー後の光の癒しや光の囁き、フェイコヴナントなども問題なく使用していけると思います。

なお、この段階ではフェアリー・セレネを召喚するメリットはあまりないでしょう。

エーテルフローは使用可能になったどんどん使っていってくださいね。

【FF14】学者Lv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 士気高揚の策
  • ルインラ
  • フェイイルミネーション
  • フェイウィンド

Lv40の学者の場合、士気高揚の策フェイイルミネーションが選択肢として入ります。

これにより、少しだけ回復の幅が広がります。

フェアリー・エオスのスキルはこの段階で全て覚えますので、Lv40のうちからフェアリー・エオスの使い方にしっかり慣れておきましょう。

エーテルフローは使用可能になったどんどん使っていってください。

スポンサーリンク




【FF14】学者Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ラウズ
  • 野戦治療の陣
  • ミアズラ
  • シャドウフレア
  • 生命活性法

Lv50の学者の場合、戦闘初期の段階にて地面設置系スキルを配置できるようになります。

生命活性法ラウズの追加により、より状況に合わせたスキル回しが可能となるでしょう。

エーテルフローは使用可能になったらどんどん使っちゃいましょう。

【FF14】学者Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 不撓不屈の策
  • 気炎法
  • 展開戦術
  • 応急戦術
  • 転化

Lv60の学者の場合、ルインは気炎法へと上位互換されます。

さらに、展開戦術応急戦術転化など、回復スキルの幅も広がります。

MP切れを防ぐため、基本的にはフィジクやフェアリー・エオスでの回復をメインとし、ピンチの時にその他回復スキルを使用する形を維持していきましょう。

なお、ェアリー・エオスのスキル(光の癒し or 光の囁き or フェイコヴナント or フェイイルミネーション)はMPを消費しないので、バンバン使って大丈夫です。

【FF14】学者Lv70のスキル回しをざっくり解説余談~

さて、学者編いかがだったでしょうか。

実はこの学者編、私自身Lv70ではありますが召喚士のLvと同時に上がっていたので実はろくに使えてもいません。

その学者ってどんな感じなんだろう・・・なんて調べていたのをアウトプットしただけでございます。

なので、仮に学者プレイしている方が見てくださった時、『ここ違くね?』と多少疑問に思う点もあるかもしれません。

もしあったらツイッターにて教えていただけると本当に助かります。ほんとに。

なんせ、ジョブクエのスキル(Lv35)もまだ取ってませんからね!

各ジョブのページはこれからも更新を続けていきますので、間違えているところがあったら『しゃーねーなー』くらいの感じで見ていただけると嬉しいです。

とはいえ、お役に立てるよう頑張るしだいでございます(`・ω・´)

ちなみにエスナを使用する場合、どのアイコンがデバフなのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

アイコンについては別記事にて解説していますので、分からない方は下記をご覧ください。

【FF14】バフとデバフのアイコン表示の違いについて

 

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。