GUIDE

【FF14】忍者Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は忍者Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

忍者のスキル詳細は公式サイトからご確認ください。

【FF14】忍者Lv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

忍者の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

この流れの合間に単体物理系やetc系を織り交ぜていく形です。

実際のスキルの流れは、下記のような流れになります。

最初に忍術を使用するのは、天地人の効果により二回忍術を使用できるようになるからです。その二回で戦闘準備をするイメージですね。さらに忍者はコンボの合間に忍術を挟みます。

ですが、印の合間にウェポンスキルを使用したり、印を結んだ後忍術を使わないでウェポンスキルを使用してしまうと忍術は失敗に終わってしまいます。ですので、印を結んだら術を使い終えるまでウェポンスキルやアビリティスキルは控えてくださいね。

慣れるまではコンボ系ならコンボ系、忍術なら忍術のみ木人で練習してみてください。

【FF14】忍者Lv70のスキルをざっくり解説コンボ系~

コンボ系スキル一覧
  • 双刃旋
  • 風断ち
  • 旋風刃
  • 影牙
  • 強甲破点突

ではまず、コンボ系についてです。忍者のコンボは簡単です。

最初は双刃旋を使用して次は風断ち、ここまでは統一されています。最後は3種に別れていて、威力重視旋風刃デバフなら影牙風遁の術使用時の効果時間延長なら強甲破点突です。

順番的には、影牙→強甲破点突→旋風刃になるイメージですね。

風遁の術とは、自身のオートアタックの攻撃間隔ウェポンスキルのリキャストタイムを15%短縮させるスキルです。効果時間は70秒なので、忍術で風遁を唱えてしばらくしたら強甲破点突を使う流れですね。

【FF14】忍者Lv70のスキルをざっくり解説単体攻撃系~

単体攻撃系スキル一覧
  • 終撃
  • 投刃
  • ぶんどる
  • だまし討ち
  • 喉斬り
  • 夢幻三段
  • 六道輪廻

続いて単体攻撃系を見てみましょう。単体攻撃系のスキルについては普段戦闘で使用するとはいえ、連打できるスキルではありません。隙をみて使用するイメージでプレイしていきましょう。

終撃

終撃は対象のHPが20%以下の場合使用可能となるスキルです。トドメとしておなじみのスキルになるので普段戦闘でよく使うスキルとなるでしょう。

投刃

投刃も戦闘初段階によく使うスキルです。遠隔攻撃なので、相手との距離がある時に使用します。

ぶんどる

追加効果として敵を倒すとアイテムを獲得できる可能性が上がりますが、ぶんどるにおいて注目すべき点は忍気を30上昇させる点にあります。

忍気は本来、オートアタックにて6ずつ上昇します。貯まった忍気で、口寄せの術・大蝦蟇や六道輪廻、天地人を発動できます。

ぶんどるのリキャストタイムは90秒なので、戦闘の合間に使用していくイメージです。オートアタックのみで忍気を貯めた場合とぶんどるの忍気を含めた場合とでは火力も変わってきますので、余裕があればどんどん貯めていきたいですね。

だまし討ち

このスキルは、水遁の術を使用することで使用することが可能です。背面攻撃時であれば威力も400と高火力ですから、ぜひ使っていきたいですね。

喉斬り

喉斬りは対象を沈黙させるスキルです。ボス戦など沈黙付与が必要なケースは地味に存在します。サポートスキルとしてどんな時に沈黙が必要か調べておくと良いでしょう。常時使用するスキルではありません。敵の詠唱対策としてとっておいてくださいね。

夢幻三段

夢幻三段は3回連続攻撃を行うスキルです。アビリティスキルですので、使用可能になったらバンバン使用してみてくださいね。

六道輪廻

六道輪廻は威力600という単体向けの高火力スキルです。忍気が貯まったらバンバン使っていきましょう。

スポンサーリンク




【FF14】忍者Lv70のスキルをざっくり解説範囲攻撃系~

範囲攻撃系スキル一覧
  • 血花五月雨
  • 口寄せの術・大蝦蟇

続いては範囲攻撃系についてです。

血花五月雨

血花五月雨は威力も110と低めなので、雑魚散らし用スキルですね。ちなみに、火遁の術という忍術カテゴリにあるスキルも範囲系の攻撃です(魔法系)

口寄せの術・大蝦蟇

口寄せの術・大蝦蟇は忍気を80必要とするスキルですぶんどるを使用して少しでも忍気の貯まる速度を速めておきましょう。

【FF14】忍者Lv70のスキルをざっくり解説バフ系~

バフ系スキル一覧
  • 残影
  • 煙玉
  • 影渡
  • 一双

残影

残影は自身が受ける物理攻撃のダメージを最大HP20%分まで無効化します。

煙玉

PTメンバー一人を対象に、敵視上昇を抑えます。ンク様のフォローとして使えるスキルですね。

影渡

自身に向けられ敵視のうち80%分を、対象のパーティメンバーに移します間違えてタゲを取ってしまった場合に、タンク様に向けて使用しましょう。

一双

一双は火力を稼げますから、使えようになったらすぐ使いましょう。追加効果やコンボボーナスは1回のみ発生するので注意いしてください。

スポンサーリンク




【FF14】忍者Lv70のスキルをざっくり解説忍術系~

忍術系スキル一覧
  • 地の印
  • 天の印
  • 人の印
  • 活殺自在
  • 風魔手裏剣
  • 火遁の術
  • 雷遁の術
  • 氷遁の術
  • 風遁の術
  • 土遁の術
  • 水遁の術
  • 天地人

続いて忍術系です。

活殺自在

活殺自在は忍術のリキャストタイムをリセットします。つまり、二回連続で忍術が使用できるということなので、普段の戦闘で重宝するスキルですね。なお、効果時間中の最初の忍術は必ずクリティカルヒットします。

天地人

天地人も忍術のリキャストタイムをリセットしてくれます。さらに、効果中に実行する2回の忍術のリキャストタイムを1秒短縮、さらに印を消費せずに忍術を実行できます。かつ、効果中の忍術の威力を100%上昇させてくれます。

ようするに、高火力出せるようになるからバンバン使って!ほしいスキルです。なお、同じ忍術を連続して実行することはできません。

天地人の効果が終了すると共に、忍術のリキャストタイムが発生します。さらに、効果中は印と忍術以外のアクションを実行することもできなくなります。

移動すると天地人は即座にキャンセルされますので注意してくださいね。

忍術について~流れのまとめ~

忍術を使うにはの3種の印を結ぶ必要があります。この印の組み合わせしだいで、使用できる忍術が変わるのです。なお、忍術はホットバー登録はできませんのでご注意ください。

忍術には、印を1つ結べば良いスキル、印が2つ必要なスキル、印が3つ必要なスキルの3パターンがあります。簡単な順に見ていきましょう。

まずは印を1つ結べば良いスキルです。1つで足りるスキルは風魔手裏剣のみとなっていて、地・天・人どの印でも実行可能です。風魔手裏剣は遠隔物理攻撃ですので、敵と距離がある時に使っていきましょう。

印が2つ必要なスキルは次の通りです。

  • 火遁の術
  • 雷遁の術
  • 氷遁の術

私の場合は覚えやすいように、3種類の印を使う形にしています。

火遁の術=人→天
雷遁の術=
氷遁の術→

ちなみに印2つ使用するスキルの場合、本来地・天・人と3種類の印が用意されているのに、2種類の印だけにもできるのがややこしくなる要因になっています。ここは、ご自身でやりやすい印の結び方を検討してみてください。

氷遁の術はバインドが目的ですので、使用頻度は低いでしょう。メインは、火力から見ても雷遁の術だと思います。火遁の術は雑魚散らし用ですね。

続いて、印が3つ必要なスキルです。

  • 風遁の術
  • 土遁の術
  • 水遁の術

ちなみに、今回はさきほどのように覚えやすい印の順番はありません。ご自身で覚えやすい順番を検討していってください。ちなみに私は以下の順番でやっています。

風遁の術=人→地→天
土遁の術=人→天→地
水遁の術=天→地→人

なぜ水遁の術で分けたかといいますと、水遁の術が火力用スキルだからです。このスキルは、だまし討ちを使用できるようになります。

かくれるというスキル自体は非戦闘状態でないと使用することができない為、戦闘中にだまし討ちが使用可能になるこのスキルはけっこう重宝します。とはいえ、風遁の術も土遁の術も戦闘中必要なスキルですから、切らさないよう注意して戦闘を進めていきたいですね。

続いて活殺自在、天地人というスキルです。これらスキルは、 忍術のリキャストタイムをリセットします。

さらに活殺自在は必ずクリティカルヒット、天地人はリキャストタイムの短縮や威力100%上昇などかなり重宝するスキルですので、きっちり使いこなしていきたいところですね。

メインで使用する忍術は雷遁の術風遁の術水遁の術土遁の術になると思います。まずは上記4種、慣れてきたら別の忍術も使ってみてください。

無理に全種やっていこうとすると、頭の中がごちゃごちゃになってしまうかもしれません(笑)

【FF14】忍者Lv70のスキルをざっくり解説etc系~

etc系スキル一覧
  • かくれる
  • 縮地

かくれる

かくれるは本来戦闘中に使用するスキルには見えませんが、実一度非戦闘状態になってさえいれば、忍術のリキャストタイムをリセットてくれます。

縮地

縮地はギミックで移動しなければならない時に使用するスキルです。普段まったりしてる時のお楽しみスキルでもありますね。

【FF14】忍者Lv70のスキルをざっくり解説ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • 内丹
  • ブラッドバス
  • ディヴァージョン
  • 牽制
  • トゥルーノース

おすすめは上記5種です。回復とし内丹ブラッドバス、敵視対策としてディヴァージョン、デバフとして牽制といったところでしょうか。

トゥルーノース

このスキルは方向指定条件を無視することができます。ギミック上方向指定が難しい時に使用する形になります。忍者には方向指定スキルがあるので、ギミックに合わせて使用する場合もあるので必須スキルとなるでしょう。

スポンサーリンク




【FF14】忍者の始め方をざっくり解説

忍者のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

忍者ジョブ開始クエスト

受注場所はリムサ・ロミンサ:下甲板層(X:8.1 Y:16.5)、依頼人NPCはジャックです。

受注条件は双剣士Lv30以上です。

速攻でクリアして双剣士になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】忍者Lv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 双刃旋
  • 残影
  • 風断ち
  • かくれる
  • 終撃
  • 投刃
  • ぶんどる
  • だまし討ち
  • 旋風刃
  • 喉斬り
  • 天の印
  • 忍術
  • 天の印
  • 風魔手裏剣

Lv30の場合、戦闘の流れは比較的簡単です。一度忍術を使用したら、リキャストタイムを終えるまでは通常コンボを行う形ですね。

印は一度結んだら忍術を使わないとミス扱いになってしまいますので、印を結んだら次のアクションは必ず忍術を行いましょう。

【FF14】忍者Lv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 地の印
  • 天の印
  • 影牙
  • 縮地
  • 火遁の術
  • 雷遁の術

Lv40になると印が一つ増えますので、使用する忍術が変わります。火遁か雷遁かの判断は単純に単体向けか範囲向けかの違いです。終撃でトドメを刺すのは変わりありませんね。

スポンサーリンク




【FF14】忍者Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 血花五月雨
  • 人の印
  • 活殺自在
  • 氷遁の術
  • 風遁の術
  • 土遁の術
  • 水遁の術

範囲攻撃として血花五月雨を覚えたので通常IDでよく使うことになるでしょう。敵に囲まれた時は最初に血花五月雨を使って雑魚散らししてください。

Lv50になると活殺自在が使用可能になるので、忍術を使用する機会が増えます。印も3種類使用した上で忍術を使用することになるので、理解したうえでプレイすれば戦闘もスムーズかと思います。

土遁の術後のリキャストタイムを終えたら、コンボの合間に風遁の術(自身のオートアタックの攻撃間隔と、ウェポンスキルのリキャストタイムを15%短縮)も使用します。印を結ぶ手順は前述した忍術系のカテゴリを参照してみてください。

【FF14】忍者Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • 煙玉
  • 強甲破点突
  • 影渡
  • 一双
  • 夢幻三段

Lv60になると、強甲破点突が使用可能になります。これまでは最初に水遁の術を使用して火力アップを図っていましたが、強甲破点突による風遁の術の効果延長が可能になったので順番を入れ替えることになるでしょう。

上記で水遁の術とだまし討ちを記載していないのは、上記手順を終えるまでに忍術のリキャストタイムがまだ残っているはずだからです。忍術のリキャストタイムが残っている間は下記ループをこなして火力に繋げていきましょう。

  1. 双刃旋
  2. 風断ち
  3. 旋風刃

ループをこなしていると、アビリティスキルである活殺自在や夢幻三段もリキャストタイムを終えて使用可能になると思います。

忙しくなってくると思いますが、使用可能になったらバフやデバフを整えて火力アップを図る為にもバンバン使っていきましょう!

【FF14】忍者Lv70のスキル回しをざっくり解説余談~

余談ですが、一部を除く敵に対して火遁の術や雷遁の術、氷遁の術を使用した場合、縮地のリキャストタイムがリセットされます。

ギミック対応する時に縮地を利用するケースもあるかと思いますので、心の片隅にでもおいておいてください。ではでは、忍者のざっくり解説はこれにて終了です。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。