GUIDE

【FF14】召喚士Lv70のスキル回しをざっくり解説~Lv60でも大丈夫!~

こんにちは、OJです。今回は召喚士Lv70のスキル回しについて、ざっくり解説していきたいと思います。

当サイトでは各スキルをカテゴリー毎に分けて解説、さらにLv30~60までのスキル回しについても、Lv10段階毎にざっくり解説しています。現在Lv上げ真っ最中な方はそちらをご覧ください。

なお、ページをご覧いただく際は、目次を押せば該当項目へ移動、ページ右下にあるボタンを押せばTOPまで移動可能となっています。ちょっと戻って見直したい、別のカテゴリーを見たいという方は利用してみてくださいね。

召喚士のスキル詳細は公式サイトをご覧ください。

【FF14】召喚士Lv70のスキル回しをざっくり解説~全体の流れ~

吟遊詩人の戦闘時の流れは基本的に下記のような形になります。

この合間に召喚系のスキルを挟んでいきます。

実際のスキルの流れは、下記のような形になります。

ちなみにこの流れの最中、ルインジャが詠唱可能になると思います。

その際は優先して即撃ちしていきましょう。

実際の流れを見るとけっこう長く感じますね。

トランスバハムートを二回使用、さらにサモン・バハムートの召喚まで行うので、必然的に長くはなってしまいます。

ですが同じスキルをループするので、一度覚えてしまえばスムーズかと思います。

【FF14】召喚士Lv70のスキルをざっくり解説召喚系~

召喚系スキル一覧
  • サモン
  • サモンII
  • サモンIII
  • エンキンドル
  • ラウズ
  • サステイン
  • エーテルパクト
  • サモン・バハムート
  • エンキンドル・バハムート
  • アク・モーン

それでは、召喚士のメインともいえるエギについて解説していきましょう。

エギとは召喚獣のことです。

そしてエギは、下記5種類存在します。

  • カーバンクル
  • ガルーダ
  • イフリート
  • タイタン
  • バハムート

カーバンクルは初期のみに使用する初心者用エギです。

タンクがいる場合はガルーダ、タンクがいない場合はタイタン、ソロの場合はイフリート

こんな感じで使い分けていきます。

後ほど記載しますが、バハムートは常時召喚可能なエギではありません。

複数のエギが存在する分スキルはたくさんありますが、実際PTで使用するスキルは限られています。

ガルーダ・イフリート・タイタンの場合、戦闘中に使用する主なスキル下記になります。

  • ラウズ
  • サステイン
  • エーテルパクト
  • エンキンドル

エーテルパクトとエンキンドルは即発動、他はタイミングを合わせて使用していきます。

サモンバハムート

サモンバハムートは召喚士にとって目玉のスキルです。

このスキルで、デミ・バハムートを召喚します。

発動条件として、トランス深度2が必要です。

注意事項ですが、トランスバハムート効果中使うことはできません

敵に対して攻撃アクションを行えば自動でウィルムウェーブを発動してくれます。

ただし、攻撃アクションを行わない場合何もしてくれないので注意が必要です。

さらに、ウィルムウェーブ本体が移動してると発動しません

しかも、発動自体非常に分かりずらいので、アクションログを見て確認すると良いでしょう。

エンキンドル・バハムート

デミ・バハムート召喚中はエンキンドル・バハムートを使用できます。

このスキルはバハムートにアク・モーンを実行させるスキルです。

バハムート召喚後即発動+タイムリミット5秒前くらいに再度打つチャンスがあるかと思います。

火力が最も高いので、きちんと発動させたいですね。

慣れていない方だとなかなか召喚獣まで気が回らないかもしれませんが、一つひとつ練習していけばちゃんと召喚獣まで気を配りながらプレイを楽しめると思います。

【FF14】召喚士Lv70のスキルをざっくり解説~デバフ系~

デバフ系スキル一覧
  • バイオガ
  • ミアズガ
  • ベイン
  • トライディザスター

バイオガ・ミアズガ

これらは本来、最初に敵に付与するスキルです。

後述するトライディザスターがリキャストタイム中の場合使う形になります。

ベイン

ベインは付与したデバフ(バイオガ・ミズアガ)を周りの敵に分散させるスキルです。

雑魚いっぱいの時に使うスキルですね。

これらは最初の段階で使用するスキルなので、すぐ慣れるかと思います。

トライディザスター

トライディザスターは、バイオガ・ミズアガを付与するスキルです。

時短の為トライディザスターを最初に使用する形となります。

その際、ルイネーションという追加効果が付与されますが、これによりルイン系の攻撃の威力が20上昇します。

火力が上がるので、使える時はバンバン使っていきましょう。

スポンサーリンク




【FF14】召喚士Lv70のスキルをざっくり解説~バフ系~

バフ系スキル一覧
  • エナジードレイン
  • エーテルフロー
  • トランス・バハムート

エナジードレイン

エナジードレインは与えたダメージの一部をHPとして吸収すると同時に、自身のMPも回復します。

ロールアクション系にあるマナシフトをヒーラーに使用してMPが枯渇した時などに使用することになるでしょう。

エーテルフロー

エーテルフローはトランスバハムートへ繋げる為のスキルです。

バハムートエーテルが付与されている場合スタックとしてのエーテルフローは付与されないので注意してください。

エーテルフローのスタックを使用するスキルは以下の通りです。

  • ベイン
  • エナジードレイン
  • ミズアマバースト
  • ペインフレア

ベインはデバフ系として解説しましたね。

他3種のスキルは魔法攻撃系のカテゴリーに属したスキルです。

ミズアマバーストはデバフ2つの時威力300デバフなしの場合ダメージ0なので、この点のみ注意してください。

エーテルフローは下記のような形で消費していくことになります。

ようするに、デバフをまき散らして最大火力でミズアマバースト、トドメはお好きなように!(`・ω・´)ゞというわけです。

ちなみに、一対一の場合はミズアマバーストのみを使用するパターンもあります。

ここまでの流れが、召喚士の第1ステップです。

ここから第2ステップに移行します。

トランスバハムート

エーテルフローを3スタック消費すると、バハムートエーテルIIIが付与されているはずです。

これが、トランス・バハムートの発動条件になります。

このスキルの最大の特徴は、ルインガの詠唱時間が無くなることにあります。

ちなみに、トライディザスターのリキャストタイムもリセットされます。

つまり、トランス・バハムートを使用した際のスキルの流れはこうです。

合間に挟んだルインジャは、ルインラ強化が付与された時のみ使用できるスキルです。

このバフは、召喚中のペットのアクション実行時に発生します。

発動率は15%ですから、そこまで期待するものではありませんが、ルインガは威力120、ルインジャは威力200です。

少しでもDPSを上げることを意識するならばこの点を見逃すわけにはいきませんね。

そして、最後は威力400のデスフレアで第2ステップは終了です。

ルインガ連打は気分的にはマリオのスターのような、言わば無敵タイムです。

おるぁぁああああああ!!!!!

と、心の中で叫びながらやってみてください(笑)

多分、一部の方は私と同じように心の中で・・・(察し

そしてこの第2ステップの効果が一回切れると、自身のトランス深度が増します。

この深度が2段階目になると、先ほど記載したサモン・バハムートが使用可能になるというわけです。

そしてそのサモン・バハムートこそが最後のステップとなります。

忘れてしまった方の為に記載しておきましょう。

第3ステップの流れはこうなります。

だいぶ長くなってしまいましたが、この計3ステップが召喚士の流れとなります。

【FF14】召喚士Lv70のスキルをざっくり解説~魔法攻撃系~

魔法攻撃系スキル一覧
  • ルイン
  • ミアズマバースト
  • ルインラ
  • トライバインド
  • シャドウフレア
  • ペインフレア
  • ルインガ
  • ルインジャ
  • デスフレア

ルイン

Lv70になると、ルインはルインガに上位変換されます。

スキル一覧上には表示されますが、使用はできません。

ミズアマバースト

バイオ系やミズアマ系の合計付与数によりダメージが変化します。

継続ダメージ効果が1つの時は威力150、2つの時は300です。

なお、継続ダメージ効果を1つも付与していない場合、ダメージは0となりますのでご注意ください。

ルインラ

ルインラはルインラ強化を付与されるとルインジャに変化します。

基本的には、ルインジャが発動可能な時だけ使用していく形となるので、ルインラを使用することはないでしょう。

トライバインド

トライバインドは、トランス・バハムート効果中の場合バインド効果がなくなる代わりに威力アップや消費MPの減少により多少便利になります。

とはいえ、ルインガのほうが威力も高いので利用頻度は低いでしょう。

シャドウフレア

このスキルは、ダメージエリアの作成+範囲内の敵に5%スロウを付与します。

このスキルが重複した場合、ダメージのみ重複します。

合計威力は250です。

積極的に使用していきましょう。

ペインフレア

ペインフレアは範囲系魔法攻撃です。

雑魚に囲まれた時に使用していきましょう。

単体の敵を相手にしている場合は、ミズアマバーストやエナジードレインのほうがおすすめです。

ルインガ

トランス・バハムート中に無双(無詠唱連打)できるスキルです。

なお、Lv54以降はルインはルインガに上位変換されます。

ルインジャ

前述しましたが、ルインジャはルインラ強化中のみ発動可能なスキルです。

自身の召喚中のペットによるアクション実行時に15%の確率で付与されます。

ペット操作されない場合はペットアクションをフリーファイトに指定しておきましょう。

デスフレア

デスフレアは、威力400の範囲系魔法攻撃です。

2体目以降の威力は10%ずつ減少、最低50%まで減少します。

トランス・バハムートの効果が切れる1~2秒前くらいに発動させましょう。

【FF14】召喚士Lv70のスキルをざっくり解説~ロールアクション系~

ロールアクション系スキル一覧
  • アドル
  • ディヴァージョン
  • ルーシッドドリーム
  • 迅速魔
  • マナシフト

最後にロールアクション系です。

おすすめのスキルは上記5種となります。

アドルはINTとMND10%減少、ディヴァージョンとルーシッドドリームは敵視対策、迅速魔は詠唱補助です。

マナシフトはヒーラーのMP補助として使用します。

それぞれ先ほど記載したステップの合間に使用していきましょう。

スポンサーリンク




【FF14】召喚士の始め方をざっくり解説

召喚士のジョブ開始クエストは下記クエストになります。

召喚士ジョブ開始クエスト

受注場所はリムサ・ロミンサ:下甲板層(X:4.7 Y:11.4)、依頼人NPCはトゥビルゲイムです。

受注条件は巴術士Lv30以上です。

速攻でクリアして召喚士になってしまいましょう!d(`・ω・´)b

【FF14】召喚士Lv30のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ルイン
  • バイオ
  • サモン
  • フィジク
  • エーテルフロー
  • エナジードレイン
  • ミアズマ
  • サモンII
  • サステイン
  • リザレク
  • ベイン
  • サモンⅢ

召喚士になった時点で覚えるスキルは、ベインとサモンⅢのみですので、最初はそこまで難しくはないと思います。

召喚士になると、エギの選択肢は下記の通りに目的別に召喚できるようになります。

  1. PTでの通常戦闘=ガルーダ(サモン)
  2. PTでのタンク役=タイタン(サモンⅡ)
  3. ソロでの攻撃役=イフリート(サモンⅢ)

イメージとしては、初めに継続ダメージ系スキルを割り振った後エーテルフローで火力追加、その合間にルイン。という感じですね。

プレイしたての頃はこの継続ダメージ付与の重要性をあまり感じ取れないかもしれませんが、火力としてとても重要になってきますので、この段階で継続ダメージ付与をしっかり意識していきましょう。

【FF14】召喚士Lv40のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ミズアマバースト
  • ルインラ
  • トライバインド

Lv40の場合、変化はミズアマバーストが選択肢に入ったくらいでしょう。

ルインラやトライバインドはあまり使用する機会はないかと思います。

スポンサーリンク




【FF14】召喚士Lv50のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ラウズ
  • シャドウフレア

シャドウフレアは戦闘初期に発動、以降は継続的に再発動させてください。

バイオ~ラウズまでの手順はプレイ時の好みで入れ替えてしまって大丈夫です。

上記例でバイオを最初に入れているのは、敵視によりターゲットを自身に与えることを目的としています。つまり、敵が動かない状態であればシャドウフレアを先にしても良いということです。

この段階では、ミズアマバーストの火力がかなり影響してくると思うので、エナジードレインの使用頻度は下がるでしょう。

重要なのはルイン連打することではなく、継続ダメージ付与です。

継続ダメージ付与を忘れずプレイしてみてくださいね。

【FF14】召喚士Lv60のスキル回しをざっくり解説

新スキル一覧

  • ペインフレア
  • ルインガ
  • トライディザスター
  • トランス・バハムート
  • デスフレア

Lv60になると、プレイ方法が変化します。

最初にバイオラとミズアマを付与するフローは消えて、代わりにトライディザスターによる継続ダメージ付与を行います。

ベイン→ミズアマバースト→ミズアマバーストのフローを行えば、バハムートエーテルIIIが付与されているはずです。

バハムートエーテルⅢを確認したらトランス・バハムートを使用、トランス・バハムートの効果が切れるギリギリまでルインガを連打します。

最後はトランス・バハムートが切れる直前、1~2秒前くらいにデスフレアを放ちます。

バイオラとミズアマは敵への付与が切れた場合、合間に使用していくイメージです。

トライディザスターはリキャストタイムが60秒あるので、継続ダメージ付与についてはトライディザスターとベイン、バイオラ、ミズアマの計4種をタイミングに合わせて使用していく形となります。

この段階だとルインガを放つ機会も増えていますので、継続ダメージ付与という補助的役割というよりも火力としてのイメージが強くなるでしょう。

Lv70になると召喚士はもっと攻撃的で楽しくなります。

ぜひカンストして召喚士を楽しんでみてくださいね。

【FF14】召喚士Lv70のスキル回しをざっくり解説~余談~

さて、長々と記載させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

やってみると分かると思いますが、第3ステップのアクモーンまでいくと自然とテンションも上がってると思います(笑)

コンボとはまた違う感覚が面白いですよね。

余談ですが、私はタコタンが大好きです(`・ω・´)ゞ

ボス戦で一番好きなのはシヴァです(笑)

麒麟マウントを取ると決めた頃が一番ハマってました。

そもそもBGMが最高に良いですよね!

サウンドトラック、超欲しいです(笑)

話がそれてしまいましたが、初心者の方の参考になれれば嬉しいです。

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。